いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2006年08月04日 19時57分29秒 更新

ボクシング

亀田興毅がライトフライ級チャンピオンになった件について、世間では物議をかましていますな~。
TBSに苦情の電話が殺到したとか、判定がヤラセだとか、試合はいつ始まるんだよとか、ベネズエラの日本大使館にランダエタのお詫びメールが1000通届いたとか、ベネズエラの新聞では、日本で試合するときは殺さないと勝てないと報じられたとか。

あの試合はボクも見ていましたよ。
といっても、あることすら直前まで知らなかったのですがね。
夕飯時に銭金みてたら、CMで家族がチャンネル変えるから何だと思ったら、亀田が試合やるんだと。でも、ずっとこんな感じで始まらねぇと。
その後も、銭金がCMに入る度に回したんだけど、結局始まったのは9時頃だった。

ボクシングは判定に持ち越される事が多いから興味がない。
プライドも寝技の絞め技とか、地味で味気ないからあまり。
打撃重視のK1が一番好きかな。

はじめの一歩みたいにKO勝ちしてくれないと。
でも、亀田兄弟ならKO率が高いから、K1みたいに相手を沈めてくれるかと期待して見てた。

けど、相手は1階級下とはいえチャンピオン経験者。
亀田の挑発も受け流していたし、余裕がうかがえた。
試合運びも亀田がインファイターだったから、余計に負けているように見えた。
でも実際、あの試合はボクも負けたと思った。
「こりゃ負けだよな~」と思ったし、判定が決まったときは「えぇ~!?」と思った。
まさか、翌日、翌々日に、これほどの騒ぎになるとは思ってなかったのだけど。

ボクシングの知識は「はじめの一歩」しか無いのだけど、
亀田は一階級落としているし、別にライトフライ級の日本チャンピオンになったわけじゃないんだよね。
OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオンになっている。
一歩より宮田のルートだね。それで世界ランキングでは何位だか知らんけど。
世界チャンピオンへの挑戦権は生まれるんだね。
先ずはこの件。
外国の相手が噛ませ犬ばかりだったとか言われている。
亀田の外人の対戦相手の国を見ると、タイ、ベネズエラ、メキシコ、ニカラグア(どこだよ!)という、あまり裕福ではない国々。
のし上がる為のハングリー精神は溢れているだろうけれど、悪く言えば日本がお金を積めば格上だろうと喜んで相手をするでしょうね。
だから、国内で勝ち上ってきたわけじゃないし、あのビッグマウスだから、不平不満が高まっているんだと思う。しかも、一度も防衛しないで返上しているし。

もう一つ気になったのは王座が空位だった点。
ボクシングって1位とチャンピオン(王者)は違うんだよね。
亀田はOPBF東洋太平洋フライ級チャンピオンだったけど、一階級落としてライトフライ級になってる。
でもランキングは変わらないんだと知った。
つまり、ライトフライ級でのし上がってきたというわけではない。
それでも倒せば挑戦権は認められるのだから否定はしない。

ボクシングのチャンピオン戦は、とかくお金がかかるみたいだ。
鴨川ジムにお金がないから、鷹村は何階級も落として減量で命を削って世界戦に望んでいた。
はじめの一歩だとスポンサーの事は描かれないのだけど、実際問題、選手の稼ぐいわゆるファイトマネーだけでは全然足りないと思う。やっぱり名前が売れて、スポンサーがつかなきゃ駄目な世界。

今回のチャンピオン決定戦も、相当お金積んだのでしょうね。
だからホーム(日本)で試合ができた。アウェイ(ベネズエラ)だったら負けていたと思う。

チャンピオンが相手だったら、ドローならチャンピオンの防衛成功になる。
でも今回は相手がチャンピオンではなく1位だったから、ドローだとまた王座は空位になってしまうし、相手は年齢的にもチャンピオンに返り咲いてもすぐ返上する畏れがあったと思う。
WBAがそれを嫌がって暫定的にでもチャンピオンを置きたかったのかもしれない、と思ってる。

ビッグマウスについては、ボクは良いと思う。
いきがるのも若さだと思うし。格闘技はやっぱり他のスポーツとは違うから、ルールがあっても、命をかけているし、試合ごとに選手生命を縮めている。
だから、礼儀だの何だのというのは、ナンセンスだと思う。
プロレスと同じで、試合前のパフォーマンスも重要だし、それが話題になるし、経済効果も生まれる。

だけど、絶対に試合前に手をあげてはいけない。
今回は相手のプレゼントは叩き落として煽ったようだけど、殴ってはいない。
最低限の礼儀は守っている。
それよりも、セコンドが何かしたって方が問題かと。

まぁ、減量後の記者会見でハンバーガー食べていた姿は、侍魂をもつ日本人から見ると恥ずかしかったけどね。

何にしても、今後の動向に期待ってことで。
ただ、努力は認めているし、ビッグマウスによるプレッシャーもあったはず。
ボクサーにとってチャンピオンベルトは特別なものだから、どんな手を使ってでも欲しいはず。
せっかく腰に巻けたのに、こんな風に批難を浴びるのは同情した。
だからこそ、ドローがベストの判定だと思った。

そもそも、判定で決まる競技はつまらない。
目で見てハッキリ納得できないと。
採点競技なんてみんなこんな感じだしね。

最後に1つ言いたい。
みんなそんなに興味あったのか?と。

ワールドカップと一緒で、大衆とは熱しやすく冷めやすいもの。
興味が失せればすぐに飽きて次の話題に移るし、
勝手に期待して、結果が残せなければ罵声を浴びせるし、
今回は勝っても八百長だと罵った。
スポンサーだって利用価値が無くなれば離れる。
抗議の電話をした連中の中に、純粋にボクシングを追っかけてきたファンが一体何%いるのやら・・・。
本当に文句を言う権利があるのは、そういうファンだけだと思うけどね。

追記:
試合前から防衛戦が決まっていたとか・・・。
亀田のスポンサー株が暴落しているとか・・・。。

2006年08月04日 19時57分29秒 in 戯れ言
トラックバック (-) コメント (1)

コメント一覧

亀田父vsやくみつる
http://www.youtube.com/watch?v=ly2-qjCWLZ0

こえぇ~!
やくみつる殺されるんじゃねぇのか。
これ見て、亀田兄弟を陥れる作戦を思いついた。
あくまで冗談として読んでほしい。

亀田のスポンサーの株価は、亀田の試合結果うんぬんで左右されることは周知の事実。
ということは、古典的な方法だけど、亀田のスポンサーの敵対企業は渋谷のイカレニート捕まえて金渡してケンカふっかけさせれば良い。
勝つ必要なんてない。あまりやりすぎる必要もない。
襟首つかんだ写真でも携帯で撮って、肥だめ週刊誌社に送れば喜んで掲載してくれる。
亀田の本人、或いは関係者を挑発して、人前で暴力沙汰をおこせば、もう亀田兄弟はプロのリングには立てない。

結局の所、スポンサーが悪いという意見もあるけれど、スポンサーがいなければ、どれだけ強くても深夜放送しかされない地味なチャンピオンで終わっていた。へたすりゃ試合日程すら組めなかった。
良くも悪くも人を惹き付けるのはカリスマだと思う。けど、大衆が飽きるのもそうだし、スポンサーは投資する価値が薄れれば手を引くだろう。
だから、選手とスポンサーはお互いが利用し合う関係だと言うこと。結局は、お金がなけりゃ何もできないのがプロの世界。

まぁ、ボクシング人生の寿命は、長くてもあと10年でしょ。ピークは5年でやってくるだろうし。
亀田が嫌いなら、無視ってれば勝手に消えていくよ。
勝てば皮肉ってりゃいいし、負けたら嘲笑してりゃいい。
そういうプレッシャーを彼らは背負っているんだということについては同情する。

でも、親父の「若いうちは迷惑かけても良い」発言は許せない。少なくても大阪人、いや日本人の品位を落とす発言だった。それもあんなメジャーな放送局の番組で。

自分らのスタイルをもつという姿は、主体性の欠けた人間には格好良く映るのかもしれない。だけど、本当に有能な人間は自分のスタイルを維持しつつ、他人を尊び、意見に耳を傾け取り入れていくもの。そうした過程を経て、より上のスタイルを確立していくもの。時には賛美され、時には謝罪することも必要だ。

利己的な主張だけでは、いくら強くても人はついてこない。

ところで、株価が変動するってのはおかしい。
これが「あんな亀田のスポンサー企業なんて信用できねぇよ」という理由で、売りに出すなら納得いく。亀田は広告塔なわけだから。

でも、そんなのは一部でしょ。
鋭い投資家なら、あの試合後に売りが増えるな、というのは予測できたはず。
こうなると、本来の企業価値なんてどうでも良くて、大きく下がる前に売りに転じる人が急増
したはず。俺も便乗でって感じで。
10円動けば30万円儲ける、あるいは損することもある、って世界だから。
そういう一部の投資家が市場を操作しているんだよね。
Commented by: GENOME28号@管理人  2006年08月07日 23時54分56秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク
駿河屋

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB