いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2017年03月12日 16時49分13秒 更新

2017録画PC

昨年末から新しい録画PCを作るためにコツコツとパーツを集めています。

今回のコンセプトは、「TVラックに収まる8チャンネル録画PC!」です。

ずっと余裕で買えたPT3が製造中止となり、転売ヤーによる高騰騒動は記憶に新しいところ。
その経験を活かし、「PX-Q3PEが底値だろうから買っておこうか…」と考え始めたのが切っ掛けでした。
PLEXにはUSBモデルもありますが、USBですと低温病に悩まされたトラウマがあり避けました。
当たりのQRS-UT100Bの最後の1台は8年近くもっていますが…。

気づけば小型のフォームファクタが増えていますが、PCI-Expressが必要なため、Mini-ITX。
電源はSFXやACアダプタではなく、ATX。

先ずはケース選びですが、これがやはり難題でした。

TVラックはハヤミのKF-700。


センタースピーカーが置けて、後方重心で地震にも強く、スッキリしたデザインで気に入っていますが…。
条件に合致し、下段の棚に正面を向けて収まるケースがなかなか見つからず…、見つからず…。
さんざん悩みましたが、ピッタリのを見つけました。

SilverStone SST-SG13B-Q


ピッタリというか、みっちりというか。ギリです(;・∀・)。
ゴム脚も移動せずに収まりました。
現物の見た目もグッド。高級というほどではありませんが、安くは見えません。
ただ、サイドパネルを外さないと、フロントパネルを外しての掃除はできず…。
このことを書いた記事を見つけられなかったので。まぁ予想通りでしたが。
メンテ性能はイマイチ。シャーシも薄く、ヘヴィ構成には不向き。
今回は録画PCですし、他に選択肢も無いため、まぁOK。

さて、ここまで書いておいて何ですが、実はまだ部品が揃っていません。
マザーが決まらないのです…orz。

その経緯についてはCPUから入ります。
これも二転三転しました。

DDR3メモリが割高&今までと違うのが欲しい!ということで、DDR4。
…となるとLGA1151なわけですが。

Celeron G3900(Skylake) →Pentium G4500(Skylake) →Corei3 6100T(Skylake)
→Pentium G4560 BOX(Kabylake)

録画専用機ですから何でも良いつもりでしたが、
どうせポイントで交換できることを考えるともっと奮発しようかと。
オーバースペックで悪いコトはないので。
Pentium G4560やG4600のコスパが良すぎるので、新しいKabylakeに決めたいところですが…。

マザー選びが決まりません…orz。

旧100シリーズのAsrock H110M-ITX が安くintelLAN搭載のMini-ITXで現状のベストなのですが、
BIOSをアップデートしないとKabylakeが使えません…。

ネットで調べた安い店は、
ワンズ 無償Wi-Fiいらない~(><)
OC WORKS 500円 ただしCPUとメモリとマザー3点同時購入縛り
ツクモ 1490円 H270M-ITX/acが視界に入ります。

というわけで、H270M-ITX/ac のWi-Fiなし&シングルintel LAN 待ちです。

なぜH270のMini-ITXモデルはデュアルLAN&Wi-Fi搭載なのでしょう。
上位にZ270があるというのに。
最大手のASUSに至っては、LGA1151のMini-ITXのラインナップに、
Z270もH270もB250も3ヶ月経っても未だに存在しません!
あ~なんてことだ!!!???
いや、ありました。ゲーミング用がありました。
ROG STRIX Z270I GAMING
3万近くしますけど…。

Mini-ITXは制限が厳しく、コスパが悪いものですが、
どうにもこのKabylake世代はOSがWindows10以外未サポートであったり、
マザーの仕様が似たり寄ったりと、いつも以上に厳しい気がします。
上位マザーも光らせたりと必死な感じがうかがえます。
ノイズの発生源が増えるだけのような気がしますが…。

こうしてマザーを待っている3ヶ月の間に、CPUの価格は下落し、PX-Q3PEは本当に生産を終了し、
早くも年内登場予定の第8世代Cannon Lakeの話も出てきました。

そんな折、ようやく本気を出してくれたAMDの新CPU「RYZEN」が登場しましたよ、奥さん。
自作業界では久々に熱いニュースで滾りました。
概ね「intelと同等の性能で半額が期待できる」とあって、今後が楽しみです。

まぁ、マザーが圧倒的に不足しているとか、廉価モデルはまだ未発売とか、
CPUクーラーが付属しないモデルがあるとか、BIOSが成熟していないとか、ソフトがintelに最適化しているとか、
不安要素はありますが…。

昨年安さにつられて組んだAthlon5150は電源との相性とか、CPUが小さくて煩いとか、
CPUクーラーが取り付けづらいとか、苦労させられたので。

intelは完全に進化が鈍化してしまい、この第7世代で、6年前の第2世代の買い換えを促しているぐらい。
CPUへのグラの統合と低消費電力に力を入れて、技術を小出しにしてきました。
そもそも、ハイエンドユーザーはハイエンドグラ買うから無駄だとあれほど…。

更に今回はグラフィックカードの登場も噂されていますから、nVidiaも安心できません。

intel VS AMD
nvidia VS AMD

有名なあの人も「二正面作戦は~」と話してましたがw
戦争は技術を発展させるとはこういうことですね。

先日発売された「GeForce GTX 1080 Ti」がかなり欲しいです。
ゲームはしませんが、CUDAコアを3584基搭載しているのはかなり魅力的です。
先代GTX1080は2560基でしたから、我が家の GTX TITANの2688基以下で興味はありませんでした。
もうQuadroかTitanを冠したモデルしかCUDAは期待していなかったため、良い意味で裏切られました。
なお、3840基搭載のQuadro P6000は67万しますからw

グラフィックカードは新しいチップに変わると性能がグンと上がり激しく凹むため、
ミドルレンジクラスあたりで妥協しておきたいところですが、
CUDAの付加価値があれば、結果的に長く使えますから。

さて、話が長くなりましたが、とどのつまりは、
「マザー無いし、Ryzenのローエンド待ちだし、ギター買ったから延期」ということです。
ケースはインテリアと化してます。
5月には自動車税が45400円もかかりますし…。
何かに備えて3万はおいておかないと。
非正規とデフレ維持して低所得維持。
少子化の生産性低下を理由に外国人労働者を増やす売国安倍政権。
株価なんて円安と年金ぶっ込みで中身無し。
終わり。

2017年03月12日 16時49分13秒 in 自作PC
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB