いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2016年03月26日 00時16分35秒 更新

電源の相性

先月は自分の録画PCをリニューアルしたばかりですが、
今度は親父のオンボロPen4をリニューアルしました。

ものすごく今更な構成ですが…。

※静電気に気をつけましょう。本気と書いてマジで。

AMD Athlon 5150 Kabini コア AD5150JAHMBOX
ASRock AM1B-ITX AMD AM1搭載miniITXマザーボードマザーボード MB2193 AM1B-ITX
Crucial Ballistix Sport [Micron製] DDR3 デスクトップPC用増設メモリ 8GB kit (4GBx2) (PC3-12800) CL9 UDIMM 240pin BLS2KIT4G3D1609DS1S00
Corsair CX430M 80PLUS BRONZE 430W PC 電源ユニット PS555 CP-9020058-JP
SanDisk SSD PLUS 120GB [自社製MLCメモリー搭載] [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J25
Windows8.1 DSP
Corsair Carbite Air 240 White Edition Micro-ATX対応キューブPCケース CS5329 CC-9011069-WW

合計49297円。
ケース抜きなら37329円。

親父のPCにハイスペックなんて必要ないので、コスパ重視のAthlon APU Kabini。
TDPが低いためリテールファンは小型で一見スマートに見えます。
…が、昔のノースブリッジのファンかよ!ってぐらい高回転でうるさいです。
相当絞らないと耐えられません。
しかも死ぬほど取り付けづらい。
たった2本のピンを入れる作業が、組み立てで一番苦労したポイントでした。
もう少し何とかならなかったのか、と。
これから購入を検討している人はクーラーは交換した方がいいかと。
ですが、AM1用はほとんど選択肢がありませんし、余計な出費を出すぐらいなら、Celeron G1840 の方が…。
起動時は唸りを上げますが(B85M Pro4が原因かも)、アイドルは静かです。

マザーはAsrockのMini-ITX。爆安2991円で全て個体コンデンサ。
ケースファンコネクタに繋いだファンでフロント吸気のつもりでしたが、
4pinのPWMでないと変速できない仕様?らしく、ケース搭載のファンでは駄目でした。
うるさくて使えません。BIOSは最新でした。
CPUファンと電源ファン(リア排気に使用)は3ピンでも可変できたのですが・・・。

メモリーは安定のMicron狙いでCrucial。
64bitなので8GBにしましたが、このマザーはシングルチャンネルなのが少し残念。
でも認識は問題なし。

電源は前回はAntecで組んだので、今回はCorsairで。
でも、コイツが鬼門でした。後述します。

ストレージはSanDisk。120GBもあればHDDは不要。
TLCの方が安価で高性能ですが、寿命重視でMLC。

OSは安価なWindows8.1。
風見鶏が安かったのですが、外のパーツを吟味している間に売り切れました(T-T)。

ケースは…すごく大きいです。
マザーがMini-ITXなのでスカスカですw
最大でMicroATXですが、ATX用じゃないのか?、ってぐらいデカい。
おそらく店頭で実物を見ていたら買わなかったかも(; ̄O ̄)。
まぁラックに入れる分には高さ以外は関係ないので。
こういうのも自作の醍醐味ですね。
デザインとメンテナンス重視で選んだのですが、デザインはデカさを除けば満足です。
ほとんどの人はPCではなく、電子レンジと思うでしょうw
メンテは、そうでもなかったです…。
http://www.gdm.or.jp/review/2014/0903/81442

さて、本題。
先日購入したUSBのポータブルDVDドライブでOSをインストールし終わるところまでは順調でした。
だがしかし。
OSが立ち上がると、しばらくして強制再起動。
できもしない修復の無限ループへ突入。

色々試して、メモリーをA-DATAの1枚に交換したら安定したので、メモリの相性を疑ったが…。
「Windows10にすれば安定するかも…」と期待したが、アップグレードの途中でまた再起動。
ひとまずタイムリミットで終了。

翌日、無償版Windows10をDVDに焼いて、再チャレンジ。
理由はOSが起動後のドライバの不都合を疑ったため。
今度は順調に終わり、Windows10インスト完了。
これで安定したので原因はOSか~、等と考えていると………油断させておいて再起動。
うが~!!(--#)!!

素直にintelにしとけば良かったかな~と後悔。

ふと「もしかして電源の相性か?」と思い立ち、ググると…ありました!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14136870154

CPUは型番違いですが、マザーも電源も同じ構成!
これだ!!!

どうも12Vのシングルレーンが原因じゃないかと。
確かにこの電源は「1系統32A」。

とりあえず、それまで使っていたオウルテックの350W2系統と交換すると………
嘘のようにド安定!wwwwwwwwww

というわけで、原因は電源とマザーとCPUとの相性でした!!!

「相性」なんて便利な言葉で片付けましたが。

問題の電源の電力は型番の通り430wですが、
その内、+12Vの電圧ラインの電力は384W。電流は32A。

この数値はピーク値であって、安定して継続できると保証された数値ではありません。
安定する定格の電圧出力は公開されていませんし、それが本当に安定しているのかは、
特殊な機械がなければ計測できません

今回のケースでは、「ACアダプタで動かせるぐらい省電力過ぎたために、電圧が安定しなかった」のが原因と結論づけました。
この考え方でいけば、もっと色々と搭載すれば安定したのかもしれません。本末転倒ですが。

「電源は容量が足りなすぎても、余りすぎても良くない」という説は、そういうことなのでしょう。
それも含めて、「良い電源」であれば、シングルレーンやマルチレーンに関係なく、上も下もカバーできるのでしょう。

80PLUSは品質の目安です。
断っておくが80PLUS認証はあくまで電源効率をランク分けしたもので、電源ユニット本体の品質とは一切関係がない

話を戻してまとめると………。
Athlon APUはオススメしません。

性能的には問題は無いのですが、今あえて選択することはデメリットの方が多いかと。
何かと選択の幅が狭いです。
小型を追求するのも自作の醍醐味ではありますが、今はLIVAのような安価でそれなりに使えるPCがありますし。
せめて、前例がある構成を真似た方が利口でしょう。

2016年03月26日 00時16分35秒 in 自作PC
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB