いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2014年11月28日 07時17分05秒 更新

近頃のニュースとか

解散総選挙の話。
さぁ、政治家が本気を出す時がやってきましたw
選挙でエネルギーの大半を使い果たして、当選後は消化試合が始まります。

結局、2年前の選挙後に騒がれた「議員定数削減」は衆議院の0増5減だけ。
次の選挙は「衆参同時選挙だ!」とか「政界再編だ!」とか騒いでいたが、
野党がゴチャゴチャと勝手に誤爆しただけだった。
なかよしこよしの右ならえの言論党圧の助成金目当ての「政党政治」そのものに疑問。
共通するテーマ毎にグループ組めばいいのに。
政治家は国(余所)のことを決めるものであって、自分のことは自分で決められないのだから、
第三者機関に決定権を持たせるしかない。

野党もマスコミも解散を批判するけれど、現職は下克上のチャンスが回ってきたのに何言ってんの?
まぁ、任期途中での解散は「新人」には不利で気の毒とは思う。
出馬するためには実質退職して望まなくてはならない。
25歳以上となれば、結婚して子供がいて、車や住宅ローンに追われる生活をしていても不思議では無い。
そんな環境で退職して多額の供託金を工面して出馬できるのは、
規模は違えど自営業者か、或いは強大な組織票を得た刺客ぐらいでしょ。
20代、30代の政治家が少ないのは、こういう背景があるからじゃないの。
もっと若ければ柵も少ないのにねぇ。
「25歳以上は自立した立派な大人」といった認定基準が、
結局は庶民には都合の悪い構造になっているわけか。

選挙の争点が無いと言いつつ、安倍政権は批判するのは矛盾してる。

争点なんて死ぬほどあるでしょ。
・消費税8%で中小零細は死に体。そして10%への一時的な延期。増税分を社会保障以外に使用
・集団的自衛権の閣議決定
・特定秘密保護法
・TPP推進による、農業・医療・知的財産権改革。エアバッグ問題に見え隠れするISD条項等
・原発再稼働&輸出
・武器輸出&豪への世界最高性能潜水艦の輸出
・アベノミクス進みすぎた円安・円高への方針転換
・大企業法人減税
・団塊の世代・大介護時代到来
・イスラム国への対応
・知事も市長も反対する辺野古移転問題
・外国人労働者受け入れ
・ブラック企業による労働環境の悪化と人権侵害
・年金問題
・中韓露外交。中韓との国交断絶。ロシアのLNGをパイプラインで仕入れて、中東への交渉材料に。
・メタンハイドレードの活用。シェールガスの環境破壊。
・ソーラー売電問題(20年間安定した売電収入が得られます詐欺w)。
・憲法改正
・拉致問題。9条改正(特例措置でも良いから)で奪還作戦決行か、外交のカードをプラス。
・消費者金融の過払い金問題
・地方創世
・大臣退陣ドミノ&小渕優子再出馬
・軽減税率
・相続税改正で貧乏人追い出し
etc.

地方創世なら簡単な方法がある。
東京や大都市から遠いほど消費税率を下げる。
ネット店は所在地に関係なく中間値で一律にする。
送料を含めた合計金額が、最低税率を下回らないように規制する。
実態の無い投機に利用されないよう規制する。

増税前の駆け込み需要を見ても、この影響はデカい。
これが一番手っ取り早いと思う。
生活が潤ってきたら、税率を上げる。
スイス人は週末に安いドイツに大量買い付けに行くらしい。
日本はそれができないのに、価格競争だけしてるのがおかしい。
人が集まれば、原発誘致に依存しようとは考えない。
道州制より現実味がある。

そして、同業他社の出店を規制する。
セブンイレブン同士で潰し合うような競争社会は何も残らない。

あぁ、もう時間が無いのでもう一つだけ。

小笠原諸島の珊瑚の密漁問題について。
もはや密漁というか、大手強盗団による略奪行為。
「金と女」が珊瑚になっただけ。

もうこれ、侵略レベルだろ、と思ったけど、定義は

しん‐がい【侵害】
[名](スル)他人の権利や所有などをおかして損害を与えること。「著作権を―する」

しん‐りゃく【侵略/侵×掠】
[名](スル)他国に攻め入って土地や財物を奪い取ること。
武力によって、他国の主権を侵害すること。「隣国を―する」「―戦争」

武力行使の有無が重要なようだ。
つまり、こっそりと人畜無害に盗めば軍は動かない?
いやいや。
外国なら射殺されても文句言えないレベルでしょ。

それから、忘れがちになるけど、世界遺産の小笠原諸島は東京都。
そして、かの大戦の遺骨が眠る硫黄島も存在する。
それはつまり、硫黄島航空基地が近くにある、ということ。
小笠原諸島への交通の便は悪いと聞くから、警備を海上保安庁ではなく、
自衛隊に任せた方が合理的な気がするのだが…。
そしてマスコミが全く報道しない事に意図を感じずにはいられない。

そもそも、世界遺産に認定されたときも硫黄島のいの字もでなかった。
おそらく硫黄島を知らない人も多いと思う。
お国のために命を賭した先人を教えない。そういう教育をしてきた。

先日、硫黄島の前の「ペリリューの戦い」のドラマを見たが、なかなか良かった。

2014年11月28日 07時17分05秒 in 政治・経済
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB