いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2014年10月04日 00時38分25秒 更新

スピードメーター傷取り


アーマオールでインパネを拭いた際に、
埃が気になり、誤ってそのままスピードメーターを拭いてしまったOTL。
案の定、目立つ傷が…。
馬鹿者が!
アーマオールの注意書きに「透明プラスチック」は駄目だと書いてあるのに。

スピードメーターとフロントガラスの内側は鬼門だから手を出すなと、あれほど…。

で、対処法を調べると、SOFT99のプラスチッククリーナー
が良いらしいと知り、ホームセンターで見かけたので購入。
あとこれも。

これしか使い捨ての柔らかそうなのがなかったので購入したが、
拭いた跡に繊維のゴミが出ないので正解だった。

…で、早速試すも効果なし…orz。
2回やっても変わらず。
むしろ悪化したような…。

どうやら、傷をつけた、というより、表面のコーティングを剥がしてしまったようだ。
ヘッドライトを殻割りした際に、内側の処理で同様に苦労したことを思い出した。
おそらく曇り止めとかのコーティングがしてあったのだろう。
走行中にメーターが真っ白になったら危険だ。

そこで、そのときに購入したコレの出番が再び!
http://shop.prousechemical.jp/?pid=23706185


以前、はじめてのヘッドライトの殻割り後、
いくら隙間を埋めても内側が曇り結露する症状が改善できず、再コーティングしようと探して購入。
結果、一応再コーティングはできたものの、よく見ると拭き跡が残ってしまい、
結局は納得できずにヘッドライトのASSYを新調する羽目に。
ただ、目立つのは蛍光灯の下であって、太陽光の下では全くわからなかったのだけど。

我が家は車庫があるので、今までヘッドライトの黄ばみ取りを使ったことが無いのもあって、
正直もう出番は来ないと思っていた。
結果、こいつが今回のメシアになったことは、ご想像の通り。

デカいボトルでクリアーを根気よく剥がす。
端の方は綿棒を利用した。
中途半端だったクリアーが綺麗に剥げて見違えた。

ここでやめようか暫し悩んだが、一応コーティングもすることにした。
付属の手袋をはめて作業開始。
相変わらず透明で加減がわからないが、しっかり拭き取っておいた。

今回の満足度は90%だろうか。
メーターの端に、僅かに以前のコーティングが残ってしまった。
綿棒を使ったが、メーターを外して分解しないと完璧にはいかないようだ。
まぁ、ガン見しないと気づかないレベルに仕上がったので満足。

今回は成功例として紹介したが、症状にもよるでの保証はできない。
参考にしたい人は自己責任でよろしく。

試すには高価だし。
とりあえず、ディーラーやカー用品店では内装の掃除もやっているので、
気になる人は相談してみると良いかも。
ダメ元で、ヘッドライトのコーティングをお願いしてみるとか…。
あとは部品交換だけど、新品は高価だし、
オークションのはおそらく傷だらけで余計悪化しそう。

メーターは拭かずに、エアダスターだけにする。

2014年10月04日 00時38分25秒 in 車用品
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB