いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2014年07月05日 22時00分31秒 更新

クリックフォームの修正

ケンジントンのSlimBladeにもすっかり慣れた。
人差し指のマウス腱鞘炎対策には有効なのは間違いない。

しかし、だ。
どうにも親指の左クリックがシックリこない。
購入時からクリック感には不満があったが、最近強く感じるようになった。

ふと手元を見ると、手でボールを覆うように深く構えていた。
左上に割り当てた「戻る」ボタンを押しやすくするために、無意識でそうする癖がついていた。
人差し指が良い位置にくると、自然と親指は左下のボタンの左上にくる。
この位置は最もボタンが深く沈むポイント。
つまりパコパコしてクリック感もイマイチ。その上、疲れやすい。反応も悪い。
反対に、右端になると、沈みが浅く、クリックも重く、実用的では無い。
ベストポイントはメッキリングよりの中頃になる。
この点はExpertMouseに劣る残念な点だと思われる。

では、自然と親指をこの位置に構えるにはどうすればいいか。
変に親指を立てては疲労が増すだけであるから、「浅く構える」しか選択肢が無い。
親指をベストポジションに置き、人差し指、中指、薬指の指先辺りでボールを操る。

左上の人差し指が一番押しにくい位置に来るため、ボタンの配置も見直した。
左上に一番使わない「進む」。
左下に「クリック」。
右上に「右クリック」。
右下に「戻る」。

これで納得したつもりでいたが、気づくとまた深く構えていた。
そこで、マウスの頃に使用していたハンドレストを手前に置いてみた。


SlimBladeはハンドレストよりも更に15mm程度離して配置する。
必然的に操作が指先になり、フォームが改善された。

2014年07月05日 22時00分31秒 in 腱鞘炎対策
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB