いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2014年03月23日 18時04分47秒 更新

ネオジオング2万7千円

HGUCでシナンジュがドッキングしたネオジオングが2万7千円で発売されるらしい。
デンドロビウムを彷彿とさせる価格設定。
ユニコーンとの対比見て「こりゃないわ~」と一瞬思ったが、
ビグザムもこんなもんだったことを思い出した。
なんかもう死亡フラグ立ってるような…。

「当たらなければどうということはない」
「当たらなくても気に病むことは無い」www

にしても、最近の1/144はインフレすぎる。
技術の進歩でクオリティーが向上しているのはわかるけども。
(1/144のZガンダムが差し替えなしで変形して、
あの色分けと可動範囲。MSでもWRでもあのフォルムは信じられない高水準)

価格が初期のMGなみになってしまっている。
元々、1/144は「子供の手に馴染むサイズ」なのだから、子供がターゲットの商品に高額をつけるのは可哀相だ。
もっとも、ボクらが子供の頃は近所のプラモ屋で購入した値段は定価だったはず。
今の子らは大型店やネットで割り引き品を購入するのだろうけど。
店側にしても、小型店は人気商品と不人気になりそうな商品とセットで仕入れさせられるらしい。
年末には型を使い回せるカラーバリエーションものが増えたり。
大型店は大量に仕入れるから、もっと融通が利くのだろう。
とはいえ、いわゆるセット売りにすると問題になるので福袋行きかな。

近頃定価を不当に高かったことにして、割引を目立たせる手法が問題になっている。
価格は統一で良いと思う。ネットは割り引く代わりに、送料でとんとんになるようにする。
オープン価格とかいうものを見かけるようになった頃から、世の中がおかしくなったのでは?
SONYのVAIOだったような…。

ブリジストンは高くても売れるから小売価格は何処も同じ。違うのは作業工賃。
むしろ、安売りした販売店には卸さないらしい。
(ボクは鳩山が嫌いなので買いませんが、良いのは認めます)
このご時世にメーカーが強気でいられる少ない例ですね。
これが信頼であり、ブランドですよ。

一番やっちゃいけないのが、小売店には安売りを禁じて、メーカー自らがネットで安売りする手法です。
そういう所は近いうちに潰れますけどね。

2014年03月23日 18時04分47秒 in アニメ
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB