いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2013年10月01日 23時37分46秒 更新

カタカタ音対策が売ってるのって・・・

以前書いた「ボンネット裏の消音材が無い」が、気づいたら拍手が一つついていたのでw
気づいた似たような話。

最近、エーモンとかが消音アイテムを積極的に売り出してる印象を受けて、以前から気になってはいました。
ってことは、ニーズがあるのでしょう。
スピーカー周りのデッドニングとかは昔からありましたけどね。
車で音に拘るマニア向けという印象で、デッキやスピーカーは変えても、そこまでやるか?
という印象でした。

で、その答えに気づく出来事がありました。

親父が某S木のフロントの樹脂の黒が色あせているのが気になると言ってきたので、
自分のアーマオールを塗りました。

で、ワイパーの所の、横の部分(なんと書けばいいやら)が別パーツになっているのですが、
それが固定されておらず・・・ってことは無いのですが、
とにかくカタカタ動くのです。
正直、両面テープで固定しようかと思ったほどです。
今まで洗車しても気づきませんでした・・・。

ついでに、今年新車で買ったばかりの某S車(D社のOEM。T社でも売ってる)にも塗り塗りしたところ、
やっぱり同じようなパーツがカタカタしているのです!!

ちなみに、もうすぐ13年の愛車はそんなのありません。
まぁ、一応3ナンバーで、車格も上っちゃぁ上ですが。
これといった騒音が気になることはありません。

もしかして、昨今の車はこんな手抜きがあちこちにあるのだとしたら・・・、
消音アイテムを欲しがるのも肯けます。

余談ですが、H田車は雨漏りが多いと聞きます。
知り合いの車もそうで、原因不明で諦めてましたw
あと、H田車は配置が変なことになっているとか。

本当か嘘か真偽は定かではありませんが、
以前セルシオの静音性を極限まで高めたところ、
静かすぎて物足りない、だか、今のプリウスのように危ないだか、の理由で、
あえて次のモデルからは音を大きくしたそうです。

レクサスも日本で本格始動した際は、徹底的に隙間を排除して高級感をアピールしていました。
今もあの時のクオリティが維持できているのは不明ですが。

プリウスやEVは静かすぎて怖いです。
視覚、聴覚の障害者でなくても怖いです。

以前書いたかもしれませんが、店で買い物を終えて、
車に戻ろうとしたときに、
後ろの駐車していた車がいきなり動き出して、自分のすぐ横を通って驚きました。
なぜなら、エンジンを始動する音が聞こえなかったのに動き出したからです。

アイドリングしている車であれば動き出すことは想定できます。
しかし、駐車している車の場合は、
まずはエンジンを始動する音がしてから動き出すのだと、
先入観として頭に刻まれています。

知り合いのフリードのHVはエンジン始動時に音がなります。
あの始動音は必要悪ですよ。

最初の話に戻りますが、エーモンのモデル車がプリウスです。
プリウスにどの程度騒音があるのかは不明ですが、
あんなに静かな車に、消音アイテムが必要というのも、変な話ですね。

カタカタパーツは後でよく見てみます。

2013年10月01日 23時37分46秒 in 車用品
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB