いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2013年07月22日 12時48分29秒 更新

ギター買いました

ついに買いました。
憧れのランディV
それも、本家ジャクソンのRR1です。
中古ですけどね。

新着ギターをチェックするのは日課ですが、
先週、BFMVのマットタックモデルが入荷したのが、そもそものきっかけでした。
白いボディに縁が黒い、ボクが一番好きなランディカラー。
EMG85/81の王道コンビは所有しているPRS SE toreroと同様ですが、
toreroのメイプルトップ/マホガニーバックではなく、アルダーボディ。
それに、フロイドではなくて裏通し。リバースヘッド。22F。日本製。デカロゴ。
エンドース契約をBCリッチに乗り換えてしまい、当然生産終了。
その上、日本製のジャクソン自体が製造中止状態。
しかも状態がすごく良い。ありがちなウイングの欠けも無し。
出荷状態の弦ゲージが10から56と、ダウンチューニング前提なので安心感がある。

「コレは買うしか無い!」「今を逃したら後悔する!」

そう。かつて円高だったころ、USA製の同じカラーのRR1が某楽器店に入荷し、
17万8000千円だったかな。しばらく残っていたのに、買えたのに買わなかったら、
ジャクソンそのものが不景気になってしまった。

あのトラウマから購入するぞ!
と思い立つも、
ギターとベースを合わせて既に6本。
V型シェイプは初めてとはいえ、どうしようか考えた。

そして、「1日待って売れ残ってたら買おう!」とルールを決めた!

そうして、後にネットを見るとまだ残っていた!
「よし買うぞ!」

メールで問い合わせた。

すぐに返事が来た!

「先ほど売れてしまいました」

OTL ずーーーん

失意のどん底で何かが切れた・・・気がした。
ハハハ。そうだ。アレキシV買おう!
GREENYだ。

でも、これは現行品だから入手は楽。
もう少し待つことにした。

すると、その翌日に黒いボディにファイヤーパターンのランディV。
USA製のRR1を発見!

時が止まった・・・気がした。
即購入した。
その後もちゃんと買えたのか確認メールが来るまで不安だったが、
無事に買えた。

だいたい仕様は同じだと思いますが、
ボディーはアルダー。ネックはメイプルでスルー。
エボニー22F。オリジナルのフロイドローズ。
ピックアップはSH-2nとTB-4/JB。

カラーは珍しい黒ボディに赤と青のファイヤーパターン。
控えめな炎のGhost Flameは見かけるけど、明るい炎は初めてかも。
アイジのFire Burn Mixのような感じ。

ジャクソンのカタログによると、
2003年の「Jackson RR1 Blue & Orange Flames」だと思う。
1999年にも載ってる。詳しい年代は不明。

おそらく10年ぐらい前に製造されたギターのようだが、
古かろうと新しかろうと、高かろうと安かろうと、
楽器として使えなければインテリアでしかない。

正直音についてはガリがない、とかそんなレベルでしか語れないので省く。
状態は楽器屋の中古だったので安心感があったが、
実物は想像以上に良かった。
しかもメチャ弾きやすい!
何コレ。

懸念していたヘッド落ちは皆無。
むしろヘッドが上を向きたがっているぐらいバランスが絶妙。
滑らないストラップなんて必要なし。
ボディが軽いから扱いも楽。
4kg越えのレスポールは片足おっさんの領域に入ってる自分には辛いのよ。
22Fのフロイドローズは初めてだけど、これが弾きやすい原因かも。
そういえば珍しい気がする。
ツインギターのバンドだと、一人はバッキング用でシンプルなレスポール系で、
一人はソロ用に24Fとフロイドとか、タップ機能とか、サスティナーとか、
多彩なギターの組み合わせが多い。

弦高が低くセッティングされているから、
アームアップするとブリッジがスポンジに直ぐにつく。
同じ「オリジナルフロイドローズ」でも、
toreroの韓国製とは違い、ちゃんとドイツ製?
いくらアーム使っても緩まないことに感動。

ハーモニクススクウィールもピッキングハーモニクスも出しやすい。
ネック裏はオイルフィニッシュではないけど、とても弾きやすい。
楽器屋が何か塗ったのかもしれないけど。

ただ、ハイポジでストラップに手が当たるから、
自然とアレキシのように、台に足を乗せたり、股を開くスタイルになるw

ストラトがないので、船型のシールドジャックも初めて。
L字のシールドじゃなくても良いことに軽く感動。

音も良い。弾きやすい。カッコイイ。
でも、困るのは座って弾くとき。
あぐらは論外。
ローソファーは肘置きに座らないと駄目。

それと、スタンドも困りますね。ちゃんと対応したのが無いと。
でも、コンコルドヘッドが寝かしても床に当たらないので、
無理に立てかけておかずに寝かせられる。

コンコルドヘッドのスタンドはハーキュレスじゃないと駄目とか、
ハーキュレスでも駄目とか意見が混在してるけど、
うちのは、キクタニの壁掛け用GH-240Sとギターブラで問題なし。
でも高いギターなので、
ハーキュレスのロック機構ついてるやつを買って試そうと思う。
もし駄目でも、他のギターをかければ良いから。

チューニングは太い弦を張るのがもったいないからレギュラーで使おう。
MASTER OF PUPPETSとかEnterSandmanとかCOWBOYS FROM HELLとか。

音も引き心地も気持ちよすぎて、自分が上手くなったと錯覚してしまうw

2013年07月22日 12時48分29秒 in ギター
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB