いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2013年06月16日 21時42分00秒 更新

サンワダイレクト 100-MR068とロジクール M555B

Splashtopでリモート操作を仰向けでプレイする為にアームを探しました。
えぇ。エロゲーですが、何か?

コミックやホームページも表示したいので、縦置き可能でないと駄目。
仰向け対応ということは、ただ載せるタイプでは無く、固定式でないと駄目。
当然10インチ対応。
これらの条件に合うものを探すと意外に少ない。

経験から、「PCのディスプレイのように固定したら動かさないアームは安くても良いが、
稼働を要するアームは良い物で無いと後悔する」と知っているので、
1万円以上で探しました。


↑当初はこれが良さそうと思いましたが、
ベッドの脇からアームを伸ばして、画面が枕の方に向かなさそうなのでやめました。
なお、このアームには類似品が幾つかあり、仕様が若干異なります。
PC工房でOEM元なのか、パクリなのか、違うメーカーのを見かけました。

・・・で、結局これと、


これで迷い、上位のこちらにしました。


こちらの解説がわかりやすいです

実際使用してみて、とても満足しています。
外見も安っぽい印象は受けません。
しっかり固定されて、仰向けでも顔面に落ちてくる心配はありませんw
微調整すれば希望通りにセッティングできます。
これで、うっかりロフトベッドからタブレットを落とす心配もありません。
爪は5ヶ所ありますが、外すときは2ヶ所緩めれば外せます。

デメリットというか、注意点を。
先ず、
・爪が金属製のため、着脱時にタブレットを当てて傷つけないよう気を配ること。
これは体験談です。
仰向けに取り付けるときに、うっかりXperia Tablet Zを当ててしまいました。
爪の内側はゴムシールを貼っているため大丈夫ですが、外側は金属むき出しですから。
幸い、Xperia Tablet Zを覆っているゴム枠に当たり、画面は無傷で事なきを得ましたが、
若干ゴムが削れてしまい凹みました。
まぁ、言われなければ気づかない程度ですが。
それ以来、着脱時には気を配るようにしていますが、頻繁には行いたくない作業です。
この爪はプラスチックの方が良かったのではないかと。

・第2関節部はギヤのような溝が欲しかった。
Xperia Tablet Zは軽量ですから、しっかり締めれば問題ありませんが、
1㎏のタブレットですとお辞儀しそうです。
一応耐荷重は2kgとなっていますが・・・。

・クランプがすんなりいかない。
デスクでは無く、ベッドですと、挟む場所を工夫する必要があると思います。
丸パイプにも取り付け可能とありますが、メタルラックのような頑丈な物はともかく、
ロフトベッドの枠の華奢なパイプではイマイチでした。
しかも、クランプの手で回す部分が下のパイプと接触して
垂直に取り付けできず(>_<)。
結局、斜めですが、壁側に倒れて固定できたので妥協しました。
落ちる心配はありません。
このクランプの外見はとても良いのですが、調整幅がイマイチでした。

最後に最大の問題点。
それは・・・
・不要な時は邪魔w

枕に近いベストな位置にセッティングするわけですから、
どうしても使わないときは邪魔です。
うっかりそのまま寝てしまうと大変。

とまぁ、気になった点もありますが、自分は満足しています。
現状ではこれ以上のアームも見つかりませんし。
価格もやや高い気もしますが、自作は容易ではありませんから。

さて、ここで次の話に繋げるための不満点をあげます。
それは、
「仰向けで操作すると、二の腕が疲れる!」
です。

肘を浮かして操作するのは意外と大変。
肘をつけた状態なら楽ですが、画面が近すぎます。
せっかくタブレットを持たなくて良くなったのに、
こんな問題点が潜んでいようとは!

本当もう、どこまで甘ったれてんだ、テメーは・・・と言われそうですが・・・。

そこで!
導入したのが、Bluetoothマウスです。


実はその前にコレ↓を持っていたので試したのですが、

ジョイスティックもボタンもイマイチでした。
一応できるものの、カーソルを合わせるのが難しいし、ボタンを押すのも疲れるしで。
ただ、iPadでは使えなかったマウスが使えることは確認できたので、
ロジクールのマウスを購入しました。

これは購入して正解でした。
敷き布団はアイリスオーヤマのエアリーマットレスですが、
マウスパッドが無くても操作に問題ありません。
掛け布団をかけても問題なしでした。
すごい!

今までは拡大しないと選択できないような細かな操作も、マウスなら一発ですんなり。

カーソルの速度はAndroid設定で調整可能。

スクロールは、FireFoxでは何故か上にスクロールすると、
画面が下にスクロールされます。
Google ChromeとSleipnir ですと普通に反応します。
ChromeはFlashが見られませんから、Sleipnirをメインで使っています。

マウスカーソルでの文字入力も可能ですが、
これは指で入力した方が早いです。
画面に触れるのは入力するときぐらいですね。

マウスを導入することによって、指紋の付着は圧倒的に減りました!

無線はWR9500Nで5GHz帯を利用。
スピーカーはBluetoothのJBL FLIP。問題なし。

このスピーカーは本当に大したものです。
Xperia Tablet Zの内蔵スピーカーは良い物だ、と言う人もいますが、
正直相手になりません。レベルが違います。
ただ、無線特有の?ブチブチが入ることはありますが。
本体のボリュームを上げて、FLIPは基本下げ気味にして、
必要無いときは接続を切れば気になりません。

以上。
アームとマウスの導入話でした。
仰向けで、マウスでエロゲー。
これはある意味、究極のプレイスタイルと言っても過言では無いのでは!?w

・・・でも、ずっと仰向けってのも疲れるのよね・・・・・・と書いておきますw

ちなみに、仰向けでは暗く目に悪いため、スタンドを置いています
取り付けは木製の棚受を用意して、それに挟みました。

2013年06月16日 21時42分00秒 in Xperia Tablet Z
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB