いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2013年04月28日 21時18分55秒 更新

エアコン取り付け2

今更ですが、前回の続きです(ヲィ)。

正直、前回で書きたいことはほぼ書いたのですが、
この記事は意外にアクセスが多いようですし、
事後報告も兼ねて少しだけ残しておきます。


----------------------------
※自己責任でお願いします。
※何があっても責任はとれません。
----------------------------


まず…、いきなりですが…、
エアコン買うならいつが良いのか!?
この記事の趣旨からすれば、いつ作業すれば良いのかってことです。

今でしょ!!

前回も書いたことですが、
5月が個人的にエアコンを購入するベストタイミングだと思います。

暑くも無く、寒くも無く、雨や風も落ち着く、まさにDIYに適した時期だからです。
なに?5月病だって?
それでも男ですか!軟弱者!

6月になると、降水量が増えて何かと面倒です。
7月になると、既に暑いので手遅れ。
その後はもう言わずもがな。
体験談です。

もっと言えば、まだ夜間は冷えるので、
取り付け後の動作確認にもなりますし、
GWなら少しは値下げするかもしれませんから。
プロに頼むにしても、夏真っ盛りのクソ暑い中で作業するよりは、
熱心に取り組んでくれるのではないかと。

前回に書いたことですが、
DIYで取り付けするかはともかく、取り外しぐらいは自分でもできます。
前回の所に引き取ってもらいました。
指定されたように用意しておいて、運送屋(たぶん黒猫)が引き取りにきて、
取引はそれっきりです。無料でした。
こんなご時世ですから、お金になるのでしょう。
これで処分費用が浮きます。

前置きが長くなりましたが、
取り付け作業を行って気になったポイントを紹介します。

まず、
ドレンホースの水が流れやすいように配置すること!

エアコンの室内機の背面からは、
室外機と繋ぐための電源ケーブルと、ガスのドレンパイプが2本(冷媒管)。
それと、結露した水を流すためのドレンホースがあります。
これらはテープでグルグルに巻いて一纏めにして室外に出すわけですが、
水が流れやすいように傾斜をつける必要があります。
逆流防止にもなります。

つまり、室内機は外に出す穴よりも高く設置します!

場合によっては、取り付け位置を上にずらしたり、
穴を流用できない場合もある、ということです。
外壁に化粧ケースをつけて隠す場合も、
内部のパイプは、水平ではなく、右肩下がり(下り勾配)にすること。
壁に穴を開ける場合も、室内側が若干高くなるように斜めに開けます。
幸い我が家はすんなりいきましたが、ポイントだな、と思ったのを覚えています。

それと、化粧ケースをつけない場合は、
徐々にテープが剥がれて見窄らしくなりますから、
最後にインシュロックで固定しておきます。

ありがちなトラブルで、カタカタと音がする、というもの。
これは設置後3ヶ月ほどして気づいたことですが、
室内機の吸込グリルの「グリルはずれ防止用ツマミ」が正しく固定されていないのが原因でした。

それから、「配管の長さが10mを超える場合は冷媒を追加すること」だそうです。
廊下を挟むとか、室外機が遠い家は何かと面倒ですね。

最後に、隙間を埋めるのに粘土を使いますが、
そのままではホコリがついて見栄えが悪くなります。
最低でも粘土の所は隠すべきです。

ペラガミ1枚ですが、据付説明書もついています。
特殊な工具はフレア加工のパイプカッターとフレアツールぐらいですが、
これらは加工済みの配管が売られているため不要。
正確にはトルクレンチで、規定のトルクで締めるべきものですが、
スパナが2つあればできます。

規定のトルクです。
フレアナット/締付トルク
6.35mm/16.0~18.0 N・m
9.52mm/32.0~42.0 N・m

そして、DIYでエアコンを設置する上で一番高いハードルはエアパージです。
こればかりは真空ポンプが必要ですから、ネットでレンタルを探すなり、
プロに依頼するようです。
作業自体は慎重にすれば難しいことはありませんでした。

DIYでのエアコン設置は、実は安くない、というのが率直な意見です。
エアコンを安く買えても、設置には他にも色々と必要ですから。
量販店から委託された専門業者も、卸売価格とはいえ、工具の劣化や交通費等、
薄利だろうな、とは思いました。
なにより、DIYは自己責任です。
小さな家電のように、持ち込みで修理を依頼するわけにはいきません。
希なケースですが、初期不良に当たると最悪ですよ。
自分が悪いのか、機械が悪いのか、判断が難しいです。

ただ、そういうリスクを踏まえても、
仕組みを理解できたり、手を抜かない、といった面もあります。
手抜き工事もあるようですから。
一度体験すれば引っ越しの移設工事もできます。
さして安くはなかったですが、糧にはなりました。

2013年04月28日 21時18分55秒 in 自室快適化計画
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB