いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2013年02月11日 16時41分57秒 更新

アンテナ支線の交換

気づけば、設置から4年半近く。
塩害地域ではないのでマシな方だと思いますが、もうボロボロでした。

RIMG0007.jpg

右の青い線は日本アンテナのCW-30です。
ステンレス製の物より安くて柔らかくて扱いやすかったので、たくさん使用してしまいました。
場所にもよりますが、酷いところは写真のように皮膜が破けてボロボロです。
一方、同社のステンレス製の支線 SW-160Nは、今でも全く劣化は確認できず新品状態です。
斜めに張るものですから、水滴も流れて痛まないと思ったのですが、甘かったです。
これほど差がでるとは・・・。
通常アンテナは屋外に設置するでしょうから、ケチらずにステンレスにすることを強くオススメします。
ステンレスの方が見た目にも目立ちませんしね。

左のワイヤーは日本アンテナの支線アンカー WA-6504 SPだと思います。
こちらは自然に切れたのではなく、ターンバックルを締め直す際に切れました。
特に風当たりの強い位置でしたが、ワイヤーを縒った物が切れるとは思いませんでした。

その他の部品は大丈夫そうですが、ボルトも全てステンレスに変えます。

実は交換しようと日本アンテナのSW-140Nを2つ購入してしまったのですが、
なんか前のより扱い安くて細いな、と思ったら、
以前のはSW-160Nで、太さが1.6mm。こちらは1.4mmだと購入してから気づきました。
まぁこれでも十分丈夫ですから、手の届く下の方に使うことにしました。

問題は上の方です。
何本か青い線で繋いでしまいました。
こちらはもっと太いのにしようと思いホームセンターのワイヤー売り場に行くと、

サビに強く、長持ち。
ステンレス針金#14x1kg
線経2.0mm 約40mm

というのが売っていたので買ってきました。
日本アンテナのより太くて長いのに安かったです。
まぁ、日本アンテナは余所から仕入れているのでしょう。

今の遠距離受信は安定しているため、設置当時のようにギリギリの感度ではありませんから、
線の交換に気を使う必要はありません。
ただ、休日で、予定がなく、晴天で、無風に近い状態、といった条件はなかなか揃わず捗りません。
とりあえず間を見て、手の届く痛みの激しい所から順次交換しています。

こういった苦労を考えると、パラボナアンテナは優秀ですね。デキすぎ君ですよ。

2013年02月11日 16時41分57秒 in アンテナ設置
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB