いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2012年06月21日 01時33分03秒 更新

冷却対策

来るべき酷暑に備え、自室の冷房環境を見直した。

その1 簡易網戸取り付け。
メインPCの近くに出窓があるが、外から見えてしまうのと、網戸が無いのもあり、
昼間は窓を開けてもカーテンを閉め、夜は虫の侵入が嫌で窓を閉じていた。
ここに、網戸を取り付けた。
正確には、網戸レールが無いため、網戸用の網と、適当な角材で枠を作り、
網戸を挟み込んで窓に固定。
隙間無くぴっちりと。
通常の網戸のように動かすことはできないが、別に網戸が動く必要性も感じないためOK。
なお、網は目の細かいのを選びました。細かいほど高い。
そして、簾を取り付けて見えなくした。

その2 ロフトベッド用に壁掛け型扇風機設置
どうにもちょうど良い位置に柱が無いため、角材で設置場所を確保して取り付け。
扇風機があるだけで全然違う。
扇風機を開発した人は神。電話機を開発したヤツは絶望的に嫌い。
購入したのはユアサのリモコン付きのやつ。
以前紐付きのを購入したときに紐が取れて壊れてしまったため、リモコンタイプにした。
一昨年の東芝の類似品(購入価格はほぼ倍)と比較。
東芝には、微風と入タイマーがある。
リモコンはユアサは厚く大きいが、ボタンが上半分に集約されており、
切ボタン以外は非常に凹みが浅く、感度が良すぎるため扱いづらい。
ホルダーにしまう時に、誤ってボタンに触れてしまう。
東芝のリモコンはボディいっぱいを使ってボタンが配置されており、ボタンも大きく、凹みも十分。
目の不自由な方のために突起付き。
電池は、ユアサが単4を2本。東芝はボタン電池。どちらも3V。
東芝のは落下防止用のネジ付き。
値段も東芝の方が高かったのもあるが、さすがは東芝。色々考えられている。
・・・・・・けれど、ユアサにも一番必要な弱とリズムはあるし、騒音もほぼ同じ。で
価格差ほどの差は感じないのが正直なところ。

その3 エアコン室外機のベアリング交換
元々は「エアコンをDIYで取り付けできないだろうか?」と調べた。
既に設置してあるものを交換するだけだし、と。
しかし、3つの壁にぶち当たった。
1つは、パイプのフレアー加工。
特殊な工具が必要だが、加工済みの物が売られており、長さに拘らなければOK。ということで解決。
2つめは、エアパージ。
ちゃんとやらないと故障の原因になるが、特殊な機械が必要。
ヤフオクでレンタルしており、それを利用すれば安くあがる。
しかし、できるのか不安は残る。
そして3つめは、故障時の対応。
通常の家電のように修理を依頼するというわけにはいかない。

一度頭を冷やして考え直した。
自室のエアコンは古いが、別に冷却能力に不満があるわけではない。
どうせ夏だけ使えれば良い。
ニオイはエタノールで解決した。

では、何が不満なのか?
音がうるさい。
本体も、室外機も。
幸い、隣家とは距離があるため迷惑になる事はないが、
エアコンを爆音で使用中なんで、そこんとこ夜露死苦とアピールしているようで嫌だ。
けれど、昨年別室に購入したダイキンのエアコンの室外機は、あまり静かではなかった。
その前に購入した別室の三菱のも同様だった。
自室のよりは静かだが、とくに夜の騒音という意味では五十歩百歩に思えた。
そう考えると10万も出して買い換える気が失せてしまった。

先ずは本体だ。
強風にすればうるさいのは当然だが、
一度部屋が冷えれば微風と扇風機で十分カバーできる。
何とかならないものか。
すると、稼働中に触れば随分音が収まるではないか。
なんのことはない。原因はビビリ音だった。
設置工事の際に、ちょうど良い壁が無かったため、縦に2本の板を渡して取り付けている。
どうも微妙に共振しているようだ。
ずっと触れているわけにもいかないため、ゴム・スポンジ・マスキングテープなどで対策を講じた。

そして、本題の室外機。
なかばやけくそ気味で分解作業にとりかかった。
配線がある方は関係ない。
今回の目的はファンのベアリング交換。
カバーを外し、ファンを外し、モーターの台座を外し、
モーターを解体するために、リベットをドリルで砕き、モーター軸を取り出す。
2本のベアリングがあるので、幸い家にあった工具で外した。
ベアリング外しには専用の工具が絶対に必要!
まず抜けないし、下手に取ろうとすると、
ベアリングが外せても、肝心のシャフトを曲げて駄目にしてしまう。

新しいベアリングだが、近所に扱っている店がないのは知っていたのでMonotaroで検索。
欲しいのは「NSK 608V」というタイプ。
しかし「608VV」しかない。
念のため問い合わせると、どちらでも大丈夫そうと判明したので注文した。
ついでに4つ注文。
後日届いた現物を見ると、「NSK 608V」と刻印されており、つまりは全く一緒だった。
Vはベアリングのフタが片面。VVは両面で、本来違う製品のはずなのだが・・・。

ついでに室外機を磨き、
交換を終えてエアコンを始動させると、まるで新品のような静けさに。
動作音は常に一定ではないため単純な比較はできないが、
他の室外機と遜色ないぐらい静かになった。
これなら昼間にこっそりエアコンを稼働してもバレない。
交換したベアリングは2つでも300円w
所詮は消耗品。
きっと同様の理由で買い換える人が大勢いるのだろう。
特殊な工具が必要とは言え、もったいない話だ。

以上。
お金をかけなくてもできることはある!

2012年06月21日 01時33分03秒 in 戯れ言
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB