いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2011年11月27日 18時16分22秒 更新

ハブが不調

突然インターネットが切断され、原因を探していくと、
BUKKALOのスイッチングハブ「LSW3-GT-5NS/BK」と判明しました。
暫くコンセントを抜いたり、ケーブルを抜き差ししていたら復旧しました。

どうもこのハブのチップはRealtek RTL8366Sらしい。いわゆる蟹チップです。
その前から同社のLSW-GT-5NSを使用していますが、こちらは現在も異常なし。
ただ、ポートが不足したため買い増した次第です。
このハブを買うときも、プラのボディでは不安なため、金属のこちらにしたのですが、
やはりNETGEARのGS105にしておけば良かったかと後悔しました。


NTT-Xは更に500円引き

GS105のチップは評判の良いBroadCOM製のようです。ただ、メーカーが公表しているわけではなく、
マイチェンしているため確実かは不明ですが。
なお、LSW-GT-5NSも、BroadCOM製だったようです。

NICと違い、LANのハブの多くはチップ名を公表していませんね。
暗黙のルールでもあるのでしょうか。
いくらボディが金属製で、日本製のコンデンサで、省電力で、PCがハイパワーであっても、
NICとハブのチップが頼りないのでは意味がありません。
入力デバイス同様、軽視されがちですが、重要なポイントですね。

ところで、問題のLSW3-GT-5NS/BKですが、購入は昨年のクリスマスでした。
まだ半年ぐらいかと思っていたのですが。時の流れが早すぎます。
修理に出すのなら今のうちの方が良いのでしょうが、
症状が再現できないのでは、最悪交換もされずに返品されそうです。
こういう中途半端な不都合が一番困ります。
実際には壊れたわけではないのでしょうね。
負荷がかかりすぎるとダウンするのは、蟹チップにはよく見られる症状ですから。
まぁ、購入金額3500円でしたし。
価格comのコメントにも、「1年経って保証が切れたら壊れた」とありますし。
まるでソ○タイマー。

2011年11月27日 18時16分22秒 in 自作PC
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。