いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2011年07月31日 02時00分27秒 更新

SATA 4台はい~るKIT Super Turbo改

録画環境の見直しに伴い、裸族のマンションを整理してHDを減らすために、
NOVACのSATA 4台はい~るKIT Super Turbo(以下4KST)を購入。

メインPCのP5B無印のeSATAはポートマルチプライヤには未対応(たぶん)。
4KSTと動作確認のとれているエアリアのUSB3.0ボードSD-PEU3V-4を導入。


HDはWDのEARS 2TBを2台。
本当は1から順に搭載するよう書かれていますが、1と3でも問題なく動作しています。
なお、OSがXP32bitですが、予めVISTAでフォーマットしておくと、2TBも普通に使えます。

動作は非常に安定しています。
LANで繋がったPCのNICをItenlに変更した効果もあり、
50GBを送信しても落ちません。

概ね満足ですが、PCと電源連動で無いのが惜しいです。
完全に連動するものと思い込んでおり、購入後に気づきました。
以前購入した玄人志向のGW3.5AX2-SU2/MB

この玄人志向のが連動しないのが嫌で4KSTを購入したのですが・・・。
GW3.5AX2-SU2/MBはUSB2.0で遅いので、あまり移動しないファイルの置き場として活用します。
もしくは、余ったHDを搭載してREGZA 42Z2の録画に回しても良いのですが、
REGZAで録画する必要がありませんし・・・。

さて、本題はここからです。
この4KST。静音をうたうわりには結構うるさいです。
先のGW3.5AX2-SU2/MBよりはファンの後継は大きいのですが、騒音レベルは大差ありません。
もっとも、10年前の爆音PC全盛期と比べれば静音ですが。
改造の1つはリアファンの静音化です。
これが搭載ファンです。
s42

加えて、ボクは常々排気ファンのみの構成に疑問をもっていました。
この機種の大半はリアファンしか搭載しておらず、静圧がどうのと理由を付けます。
吸気より排気が重要なのは理解できますが、
HD非搭載ならまだしも、大容量のHDを複数搭載するからには、
きちんとHDに風を当てて冷却すべきです。
そのためにはフロントに吸気ファンを設け、より効率的なエアフローを実現する必要があります。
先ずはエアフローの確保。RAIDでの保護はその後の話です。

今回、80mmファンでは満足できないと予想し、
120mmファンを搭載するために口径変換アダプタを使用しました。
先日ZalmanのZ9Plusに交換する前のケースで使用していたものです。
おそらくAINEXですが、型番は不明。

必要な部品
・フロントファン サイズ SY1225SL12L KAZE-JYUNI 800rpm
・リアファン X-FAN 120mmファン RDL1225SL(12SP) 1200rpm
・80→120 口径変換アダプタ
・2Pin電源ケーブル

付属のファンは2Pinですから変換するか、ハンダやギボシで接続する必要があります。
今回は面倒なので買いましたが、爪が有りません。そうそう抜けないと思いますが。

こちらは爪がありますが、試していません。


・ファン分配ケーブル
・ファンコン おそらくZM-RC01 リアファンが思いの外、音が大きかったため取り付け。
おそらく何かのCPUクーラーの付属品。
もっと微調整したい場合は同社のFAN MATE2。
近頃はこういった簡易なファンコンは見なくなりました。

・不要なファン 無ければ付属品
・アルミ板

なぜ必要かと言いますと、80mm口径の延長に使います。
当初は口径変換アダプタを直接4KSTに取り付けたところ、
USB3.0のBタイプケーブルが干渉してしまい挿せないことに、組んでから気づきました。
行き当たりバッタリです。
座礁に乗り上げたかと、しばし考えた結果、不要なファンの羽部分を除去し、
周囲の枠を利用することにしました。

しかし、今度は口径変換アダプタとの間に隙間ができてしまいました。
廃熱するわけですから、可燃性の物は避けたいところ。
そんな丁度良く鉄板が余ってるはずもなく・・・。
何か無いか探したところ、HDに取り付けるタイプの金具が見つかり、
ちょうど80mmの穴が開いているため、これを利用しました。
はみ出す前後をチップソーカッターで切断し、断面を面取り。
まだ2箇所若干開いていますが妥協。

・アイネックス ファンステイ マグネットタイプ FST-MAG

フロントファンの固定に使用。
最近はこんな便利な物があるのですね。
FDD時代には考えられない代物です。
HDも本当は近づけない方が良いのですが、家庭用程度の磁石は問題ないとの意見が多いのと、
他の固定方法が思い浮かばなかったためです。

このファンステイは、実は磁石の向きが今回の用途とは逆を向いています。
このままでは4KSTのカバーに貼り付きません。
貼り付ける為には、曲げを逆にするか、磁石を取り外して、裏に貼り付けるか、です。
一度曲げた物を曲げ治すのは素人には難しいため、後者を選択。
磁石はマイナスドライバーで外しましたが、それなりに危険な作業でしたし、
もう1つのステイの磁石は外れないため諦めました。
また、ステイのもう片方も曲げる必要があり、金槌が必要です。
更には片側のネジ穴が合わないため、開け直したりと、
あえてこの製品を購入した意味がありませんでした・・・。

・ファン フィルター
無くても良いですが、有ればホコリの侵入を防止できます。
今回は余っていたアルミフィルターを利用しましたが、
メンテナンス性から後に着脱しやすいタイプに交換します。
ファンガード

完成。
s45s46
s44s41s43

USB3.0ケーブルはまだ若干斜めですが、動作に問題はありません。
何れL字やスイングタイプのケーブルが出た時に交換します。

リアファンの電源ケーブルを通すために、4KSTのファンガードを刃の欠けたニッパーで切断しました。

期待の動作音は明らかに以前より静かです。
これならば、デスクに設置しても気になりません。
冷却面は、室温27.9度の部屋で、3段目に搭載したHDの裏面の温度が28.6度でした。

2011年07月31日 02時00分27秒 in 自作PC
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


    
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB