いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2010年04月29日 16時17分57秒 更新

年寄りの大音量対策 テレビ編 4

今までの続きですが、おそらくこれが最終対策です。
今回はモノラル放送をヘッドホンで両方から出力する方法を書きます。

※うちの祖父は現在は補聴器をしていません。

そうする理由は、両方から出力した方がボリュームを少しでも落とせるからです。
正直、骨伝導の効果は劇的に高いわけではありません。
鼓膜は関係ないはずですが、音漏れするほどボリュームを上げてしまい、耳にもよくありませんし、
何よりシャリシャリ音が漏れるのが非常に耳障りなのです。
そこで、両方から聞こえるようにすればいいのではないか、と考えたわけです。

以前アンプを変えたら片方しかでなくなった、と書きましたが、
今回直接TVのライン出力をミニプラグの変換ケーブルでヘッドホンを繋いだところ、片側しか聞こえませんでした。
本当にアンプで変わるのか、それとも聞こえると思ったのはDVDで、勘違いだったのか。
今となってはわかりません。
確実なのは、今は片方しか聞こえない、という事実です。

TVのライン出力端子に繋ぐと多くのテレビ番組では片側からしか聞こえません。
うちだけかもしれませんが・・・。
DVDを再生した場合は、両方から音が聞こえます。
DT400もDVDプレイヤーも、TVを経由して接続している点は同じです。

なお、TVだけでなく、DVDも聞けるようにしなくてはいけません。
これが悩みました。
単純にコンポジットのセレクターを利用して、音声はセレクター経由、映像は直接TVに、では
DVDの音が聞こえないのです。

DT400には出力端子が2つあり、同時出力が可能です。
しかしDVDプレイヤーには1つしかありません。
これが何を意味するかというと、1つしかないと、ヘッドホンでしか聞けないのです。
ボクらはTVから音が出ないと困ります。
また、昨今の安価な外部チューナーは出力端子が1系統しかない製品も多いです。ボディも樹脂で放熱性が悪そうな。

一番手っ取り早くて安い解決方法としては、
TVのヘッドホン端子にミニプラグの分配をつけるのです。
TVのライン出力では片方しか出力されませんが、ヘッドホン端子なら両方から出力されます。
この場合、片方はヘッドホンに送るとして、TVから音を出すためには別の外部アンプとスピーカーが必要です。
実際この接続は試しました。
見栄えが悪く、TVの前面や周辺がゴチャゴチャするのが欠点です。

どうしようか悩んだ末、以前世話になって今では全く使っていなかったD-BRAINの存在を思い出しました。
D-BRAINのちょっと特殊なセレクターについてはこちら参照

接続方法もちょっと複雑です。

DT400 ch1出力 → TV D1・赤白入力
DT400 ch2出力 赤白のみ → D-BRAIN ch1入力

DVDプレイヤー → D-BRAIN ch2入力 S端子・赤白

D-BRAIN ch1出力→アンプ入力 赤白→フィルチューン
D-BRAIN ch2出力→TV S端子・赤白

D-BRAINのセレクターをch2にします。

これをぱっと見て理解できる人は聡明ですね。

普段DT400の映像を見たいときは、D-BRAINの電源をオフにします。
この場合ch1が優先され、TVとヘッドホンから音がでます。

DVDプレイヤーを使いたい場合はD-BRAINの電源を入れて、DT400の電源はオフにします。
ch2に切り替わり、映像と音声が流れます。

DT400の映像をD-BRAINに送らないのはできるだけ劣化は避けたいのと、
S端子よりD1の方がキレイだからです。比べると、S端子の方がもっさりしました。

ここまで書いても需要は少ないと思いますが、残しておきます。

なお、以前は鎌ベイアンプkroを繋いでいましたが、
今は1000円ぐらいのPCのアンプ内蔵スピーカーにフィルチューンを繋いでいます。
理由は、単純に鎌ベイアンプの音量が低いことです。
こちらのアンプはボリューム全開です。

この状態で、フィルチューンのアンプは9時から11時ぐらいのボリュームで聞いています。
これ以上は音が割れますし、音漏れも激しくなりますから限界ですね。
あまりに音漏れしているときは、ボクが音量を下げて「聞こえないのか?」と聞くと、
「聞こえる」と答えるので、
本人も気づかずに上げすぎている場合もありそうです。
なにぶん当人ではないので何とも言えませんが。
むしろサンコーで買ったヘッドホンの方がよく聞こえていたのではないか、という気さえします。
あれは丸いスポンジがついてましたから、その分音漏れを防げたのかもしれません。

VONIA というメーカーのです。
別の骨伝導ヘッドホンも購入できますが、耳かけタイプですと眼鏡と干渉してしまうと思うので、
普通のヘッドホンタイプが良いのですが。

というわけで鎌ベイアンプが余ったのでボクが使おうと思ったのですが、
パッシブスピーカーがありませんでした。

2010年04月29日 16時17分57秒 in 福祉
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク
駿河屋

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB