いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2009年08月03日 06時33分48秒 更新

Fantasy Remote

原因はオーバーレイだと思います。
調べて、クライアント操作でも、WMPで直接mpgファイルを再生することはできました。
でも肝心のゲームでは相変わらず真っ黒。
誰か教えて下さいOTL。


WMPではオーバーレイをきれば再生できた、ということは、
ゲームでもきれば良い!
しかしゲーム単位できる方法はわからない。
だったら全部きりゃいいんだろっ!こまけぇことは(以下略)。

ってことで、解決しました。
サーバー側のPCのオーバーレイをきればいいのです。
なお、不都合がおこっても責任もてませんので、あしからず。

ファイル名を指定して実行に dxdiag と入力。
DirectDrawアクセラレータを無効に。

さかハリとハルカでムービーを確認しました。
これでクライアントPCにインストールせずとも遜色なくプレイできます。
まさしく神ソフトです。

※サーバーPCのスピーカーをオフにしないと、
自分のいないところで透明人間がプレイするオートデモ状態にw。

http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/

このソフトはLANで繋いだPCを別のPCから操作してしまうソフト。
いわゆる遠隔操作できちゃうソフトです。
・・・遠隔操作って響きがちょっとエロイですね・・。

同様のソフトでは有名どころのVNCシリーズを愛用してきたわけですが、
ギガLANになってもカクカク表示でして、
常々「ゲームもできればいいのにな~・・・」とは思っていました。
一応できないことはなかったのですが、
画面は転送速度が追いつかずにコマ落ちしまくり、音声は聞こえず。
それでも、テレパソの録画予約確認とか、ちょっとした作業には十分活躍していました。
キーボード、マウス、ディスプレイの3つを使い回せるのが便利です。
動作の遅いCPU切替器です。

何年もこんな状態で、なかば諦めていたのですが、気づいたら凄い進化していました。
なんですか!コレは(゜o゜;!?
本当に無料でいいんですか!?
おもわず「スゲェ!」と叫びましたよ。

なんと先日組んだエンコ&ハイエンドゲーム用PCのTMPEGencを開いて、
カットしたりの編集作業が遠隔操作できたのです。
さすがにちょっとカクカクしますが。十分許容範囲。
更に、なんと音声の再生まで可能。
ちゃんとクライアント側のスピーカーから音がでます。凄すぎます。

更に更に、このソフトはネットブックにも対応。つまりロースペックの安いPCでも大丈夫。
EndeavorNa01miniをクライアントにして、よく使うメインPCのサーバー側にアクセス。
内蔵の無線LAN経由でエロゲーがプレイできました!
全オレが泣いた゜(゜´Д`゜)゜!

とりあえず、ハルカ、大宇宙の誇り、すまいるCubic、明日七海は簡単に確認。
OPムービーや変身シーンで画面が真っ黒になる問題はあるものの、面倒そうなのでとりあえず放置。
ゲーム本編は問題なくプレイできました。

原因はオーバーレイだと思います。
調べて、クライアント操作でも、WMPで直接mpgファイルを再生することはできました。
でも肝心のゲームでは相変わらず真っ黒。
誰か教えて下さいOTL。

更にこのソフトの凄い所は、
クライアント側の解像度がサーバー側よりも低い場合は、
アンダースキャンして全画面を表示します。
だから、1920x1200のメインPCの画面を1024x600のネットブックでも表示できるわけです。

更にはマルチディスプレイにも対応。
画面を切り替えて使えます。
マルチスクリーンを合成した多画面表示も可能。

「それじゃ、字が小さすぎ読めなくね?」となるわけですが大丈夫。
そんな時はアクティブウインドウを表示。
ウインドウ表示のゲーム画面が、まるでフルスクリーンのように表示。
更に、フルスクリーンウインドウに切り替える、を行えば、
クライアントの液晶画面いっぱいに表示。
汚く荒れたりもしません。
クライアントPCにゲームをインストールして、フルスクリーン表示したのと全く変わりません。
この機能はサイズが固定ウインドウの時に役立ちます。

さて、na01miniから先ほどのエンコPCにアクセスして、TMPEGencのカット編集&指定、
バッチエンコードツールへの登録→エンコ開始
といった作業ができるかも確認しました。

結果は、内蔵無線LANでは無理。内蔵有線LANでは可能、となりました。
Na01miniの画面が小さくて見づらい点は、先述のアクティブウインドウ技で問題なし。
一見大丈夫そうなのですが、
何度やってもカット作業のあと一歩のところでサーバー側がフリーズしてしまいます。
いろいろ設定も見直しましたが変わらず。
コーデックも変えましたが、結局AMV3に戻しました。
有線では可能なので、原因は転送速度という結論に達しました。
もっと高速な無線LANでしたら可能・・・かもしれません。

VISTAのCorei7-920 3.6GHzのサーバーでも、負荷の高さからエアロをどうにかしろ、
と警告が出たのでエアロをきりました。あんなもん使いづらいだけです。

クライアントPCで音が途切れて再生される場合は、
クライアント1のサンプリングレートを48000Hzにすると、ウチの環境では治りました。

テキストに書いてあるAMV3コーデックの解除キーの入力場所は、
設定を開いて、上部のメニューの右側のレジストから行えます。
(どこだか迷いました)

プライオリティを普通。
AMV3コーデックの設定をS4:高圧縮にしても、十分キレイです。
無理に高い設定にしなくても良いかな。

サーバーPCの能力次第で、クライアントPCの実力以上の処理能力を発揮!
・・・するかもしれませんw

おそらく、このソフトは凄さがわかる人とわからない人の両極端だと思います。

例えば、広い会社の敷地内で、事務所のPCにアクセスして確認したい。
でも今この場を離れられない。とか。

録画PCに無線で別室からアクセスして、録画されているか確認したり。とか。

風呂場でゲームの続きをしたり。とか。防水できればですが。

早い話が、サブPCでメインPCの作業をこなせる、というわけです。
ファイルサーバーにアクセスして開く、よりも便利です。

ときどきフリーズして強制終了せざるをえなくなる場合もありまして、
VNCと比べると安定性の面で劣る点は否めません。
ですがそれは、それだけVNCよりも高負荷な作業をこなしているからでしょう。
アクセスするPCによって、本ソフトとVNCを使い分けていくことにします。

今後は今よりも高い安定性と、インターネット経由での利用を期待しています。

でもNTTは光をこれ以上早くする気は無い、ような話を社員から聞いたので望み薄かも。

2009年08月03日 06時33分48秒 in 便利ソフト
トラックバック (-) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク
駿河屋

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB