いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2011年12月28日 23時09分49秒 更新

偽物語トレーラー

http://www.nisemonogatari-anime.com/index.html
公式サイト→映像

このシリーズは別格ですね。
今思えば化物語はEVA以来の衝撃作だった気がします。
アニメを次のステージに押し上げたと言いますか。
瞬きで見逃すのすら惜しい。かと思えば、大胆に静止する場合もあったり。
深夜アニメとして軽視されがちなのが実に惜しい。
ジブリやけいおんだけでなく、もっと評価されて然るべき。
クオリティの高さは今作も健在。脱帽ですよ。本編も期待大。
新房監督他スタッフの皆さんは、普段どういった視点で物事を見ているのでしょうか。
同じ時を生きているとは思えませんよ。

一方、来春はめだかボックスがGAINAXでアニメ化されるわけですが・・・、
序盤は大好きな漫画でした。
コミックスはなんだかんだ全巻買っていますが、勢いは5巻までですね。
6巻からはボスの都城王土も、球磨川禊も、キャラが生理的に無理。
この二人。読者の人気は高いようですが、ボクにとっては不愉快キャラの上位トップ2です。
アニメも1クールなら球磨川は出ないかもしれませんね。

最後に。訃報を。
菅野ひろゆき氏が脳梗塞により死去されました。43歳でした。
企画・脚本・デザイン・プログラムをこなす屈指のマルチクリエイターでした。
EVE burst errorやYU-NOが業界に与えた功績は多大なものでした。
ご冥福をお祈りします。

2011年12月28日 23時09分49秒 in アニメ
トラックバック (-) コメント (0)

2011年12月04日 05時52分12秒 更新

NewPC完成

PC2011-1PC2011-2PC2011-4
※ファンの光が紫に見えるかもしれませんが、実際は青です。

無難な構成ですから、これといったトラブルはありませんでした。
まぁ、それはそれで自作野郎としては物足りなかったりもするのですが・・・。
CPU周りのヒートシンクに邪魔され、ブッシュピンが押し込みづらかったり、
マザーのSATA端子の位置とケーブルホールの位置が合わない箇所があったりしたぐらいでしょうか。
OSのインストールも問題ありませんでしたし、付属ツールで楽勝に4.5GHz可能でした(定格3.40GTB 3.80G)。
CPUクーラーからリアシャーシの隙間がかなり空いています。
もっと奥行きのあるクーラーでも大丈夫ですね。

・Intel Core i7 2600K
・ASUS P8Z68-V
・ADATA AX3U1600GC4G9-2G 2set
・MSI N460GTX Hawk
・CFD CSSD-S6M64NM4Q
・Intel 320 Series SSDSA2CW080G3K5
・WesternDigital W20EARS
・IO-DATA DVR-S7200LEB2
・Samsung SH-B123L
・Scythe 鎌アングル・リビジョンB(SCANG-1100)
・Antec SG-850
・Antec NineHundred Two
・Microsoft Windows7 HomePremium SP1 64bit
・TITAN Platinum Grease (TTG-G50030)

・CPU FAN XINRUILIAN RDL1225S-PWM
・RearFan1 Owltech OWL-FY1225L(PI)
・RearFan2 Antec TRICOOL 200MM BLUE LED(付属品)
・FrontFan1 Scythe 光る静かな風
・FrontFan2 ENERMAX EVEREST UCEV12

・ONKYO TX-NA1008(D-108Series&SL-A250 7.1ch)
・TOSHIBA REGZA 42Z2

・MCO TK-24G04
・ELECOM U2SW-T2


正直なところ、「第二世代Corei7ってなんだよ?Corei8でいいじゃん」とか思ってますが、
ようやく64bitOSに以降にできた点については、感慨深いものがあります。
思えばAthlon64の頃から64bitだ~と騒いでいましたから。

とりあえず、マザーやSSDのファームは最新に更新。
C400は500超!システムドライブです。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 515.693 MB/s
Sequential Write : 111.991 MB/s
Random Read 512KB : 416.088 MB/s
Random Write 512KB : 112.452 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 26.663 MB/s [ 6509.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 67.281 MB/s [ 16426.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 297.004 MB/s [ 72510.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 111.414 MB/s [ 27200.6 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 71.4% (42.5/59.5 GB)] (x5)
Date : 2011/11/25 23:20:01
OS : Windows 7 Home Premium Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)


参考 intel320 データドライブです。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 272.145 MB/s
Sequential Write : 95.795 MB/s
Random Read 512KB : 184.510 MB/s
Random Write 512KB : 97.934 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 21.491 MB/s [ 5246.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 42.236 MB/s [ 10311.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 137.293 MB/s [ 33518.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 71.508 MB/s [ 17458.1 IOPS]

Test : 1000 MB [D: 11.2% (8.3/74.5 GB)] (x5)
Date : 2011/11/25 23:33:12
OS : Windows 7 Home Premium Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

さて、肝心のTMPGEnc VMW5でのエンコードについて。

QSV(Intel Media SDK Hardware)を利用するために、Lucidlogix Lucid Virtuを利用します。
VirtuとはCPU内蔵のビデオを使うか、ビデオカードを使うかの切り替えるソフトです。
なお、巷では前者が「i-mode」。後者が「d-mode」と呼ばれています・・・が、
ASUSのUEFIやVIRTUの画面にはそのような表記はありません。
ちと解りにくいのですが、要は映像出力ケーブルをマザーに挿すか、ビデオカードに挿すかです。
ボクは3D性能を落としたくないため、消費電力よりもパワーを選びました。
よって、d-modeです。
d-modeの場合、
VIRTU画面にて、ボタンをONにすると、ビデオカードのマークが光ります。
TMPGEnc VMW5のカット編集画面にVIRTUのロゴが現れ、
ファイル出力画面に「Intel Media SDK Hardware」が追加されます。
つまりはこの状態が、「ビデオカードから映像を出力しているのに内蔵GPUを利用している状態」です。
勘違いしやすいため、もう少し解りやすく表示してほしいですね。

参考
LucidLogix Virtu、i-Mode, D-Modeの機能とその利用方法について

Z68でVirtuを試してみた!①(i-Mode編)

Z68でVirtuを試してみた!②(d-Mode編)
LucidLogix Virtuの実力を徹底分析!
徹底検証 Quick Sync Video
ASUS Intel Z68 Express搭載 P8Z68-V

テストはQSVを利用した場合としない場合。
それぞれフィルタを適用した状態で、MP4(AVC)ファイル出力のデフォルト設定にて、
CBRとVBR、更にフィルタにCUDAを利用した場合を試しました。

フィルタは以下のとおり

インターレス解除
 24fps化(動き優先)
 逆プルダウン(縞除去強化)
映像クロップ 適当
映像ノイズ除去
 静止画の強さ 100
 最大範囲(最低速)
スマートシャープ
 範囲40
 ぼかし強度 2
 検出レベル 64 

ソースはイカ娘の2期OPのTS 1分29秒です。

Intel Media SDK Hardware
1 QSV フィルタなし CBR 1分6秒
2 QSV フィルタなし VBR 1分6秒
3 QSV フィルタあり CBR 3分5秒
4 QSV フィルタあり VBR 3分5秒
5 QSV フィルタあり CUDA CBR 3分2秒 C41.7 CU58.3
6 QSV フィルタあり CUDA VBR 3分2秒 C41.7 CU58.3

QSVを利用せずに、x264で出力
7 x264フィルタあり CUDA CBR 3分36秒 C38.1 CU61.9
8 x264フィルタあり CUDA VBR平均ビットレート2pass 6分53秒 C37.9 CU62.1
9 x264フィルタあり CUDA VBR固定 3分31秒 C38.1 CU61.9
10 x264フィルタあり CBR 3分52秒

QSVを利用せずに、ベスト設定(こちら参照
11 x264best  C21.6 CU78.4 2分46秒
12 x264best 3分59秒


5番と6番のQSVでCUDAを利用できるのか?と懐疑的な面もありますが・・・。
CUDAの設定をオンにして、Intel Media SDK Hardwareで出力できたわけですから、
可能なようです。

CBRとVBRは時間も画質の差も確認できませんでした。
1番速く終えた1番と2番。
さすがの速度。
そして予想していたよりも綺麗なのは驚きました。
再生はQSVでエンコードしたファイルはMPCではコーデックが合わず上手く再生できないため、
標準のMediaPlayerで行いました。
24インチ(iiyama ProLite B2403WS)で見る分には、
速い場面でも破綻は気にならず、許せる範囲でした。
24インチ以下の画面での視聴が前提でしたら、かなり使える機能です。
ハードウェアエンコードを見直しました。

しかし!、42インチの大画面となると話は別です。
1番から6番まで、QSVはどれも保存用にはとても使えませんでした。

12番が一番綺麗なわけですが、
ほぼ変わらない画質で12番よりも速い11番がベストでした。
結局は組む前と同じ設定に落ち着きました。

それはそれで良いのですが、問題は使用率。
CPU21.6% CUDA78.4% と圧倒的にビデオカードの影響が大きいのです。
ですから、30分番組をCMカットしてエンコードした場合、
残念なことに、このベストの設定ではCorei7 920と大した差は確認出来ませんでした・・・。
同じソースで確認したわけではありませんが、おそらく5分と変わらないでしょう。
フィルタにCUDAを利用しなければ顕著な速度差があらわれると思いますが、
結果エンコード時間が増して、画質が同程度では本末転倒です。
この様子から察するに、IvyBridgeまで待っていたとしても結果は五十歩百歩だったかもしれません。
CUDAコアの多いGTX570に変更すれば、更なる速度が期待できそうです。
いずれにせよ、エンコード設定については、また見直します。

とりあえずはこんなところでしょうか。
エンコードについては少々残念な結果でしたが、トータル面での性能差が大きいことに変わりはありません。
今回の乗り換えの恩恵として、
CPUの性能アップ。省電力化。SATA3(6.0Gb/s)。
USB3.0(iPadの充電もOK/SandyBridgeはネイティブ対応ではないようですが)
AVX、GPT、SRT、TB2.0等。
まぁ、実際どの程度影響があるのかは何とも言い難いですが、
TMPGEnc VMW5にしても、今後のアップデートでより最適化されていくことでしょう。

今回の乗り換えで一番実感したのは、
TSRenameにファイルを放り込んだときに一瞬で読み取れるようになったことですね。
今までは数秒は待たされていましたから。

PC2011-3
HDMIがケースに接触してしまい、微妙に曲がっていますが、動作に問題なしです。

それと、TVとアンプは電源が連動するため、
「新しいPCならば、PCの電源を落とせばTVもアンプの電源も落ちるかも!?」
と期待しましたが、無理でした・・・。

2011年12月04日 05時52分12秒 in 自作PC
トラックバック (-) コメント (0)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB