いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2006年04月25日 22時42分48秒 更新

人の行く末・・・

皆さんはこち亀57巻収録の「浅草物語」をご存じでしょうか?
両さんの小学生時代の友人が、大人になって再会したらヤクザになっていたという話です。
こち亀の中で最も人気の高い回だと思います。

ボクにも似たような経験が起きました。
先日、同じ小学校時代を過ごしたクラスメイトが、○○○○教に入信したと聞きました。
田舎の公立ですから、小中学校を同じ学校で過ごすのは珍しい事ではありません。人数も少なかったですし。今は更に少ないようですが。
別段ボクは親しく付き合っていたわけではありませんが、その子は勉強も運動も秀でていて、性格も良かったのです。今でも早く死んで欲しい程に憎んでいる奴が同じクラスに居た中で、その人は決してそういう対象にはならない存在でした。

中学では一度も同じクラスにならず、高校は地元では有名な進学校に進みました。今思えば数年後の同窓会には顔を出さなかった気がします。

同じ学舎を過ごしていた頃、「きっとこいつは若くして結婚して、一流企業で高い収入を得て、20代で家を建てるような人生を歩むんだろうな~」と本気で思っていました。

ところが、あれから10年経てば、入信し、ゼロに近い収入にもかかわらず、収入の1割は税金として納めているとか。地方で布教活動にいそしんでいるとか。
両親は泣いていました。

喪黒福造じゃないけど、心の隙間を宗教に埋められてしまったんですかね。
オウムの幹部も頭の良い連中が揃っていましたが、ちょっとだけその気持ちがわかった気がしました。

仕事していると、今目の前にある事に集中しすぎて、周りを見失うことがあります。そうして会社に忠誠を尽くしても、会社が倒産したり、リストラされたり、自主退職したり、病気になって働けなくなったとき。誰もが「今まで何やってたんだろう?」と、ふと過去を振り返るはずです。

今の自分を否定する事も、時には必要だと思います。


ごらんよ 僕らの手のひら わずかな時間しかないさ
だから 体中で愛を伝えたくて 生き急いでいる ねぇ そうだろう

GLAY 春を愛する人

2006年04月25日 22時42分48秒 in 戯れ言
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月23日 21時18分58秒 更新

年寄りの大音量対策 テレビ編

お年寄りと同居していると、耳が遠い年寄りのTVのボリュームに悩まされることはありませんか?
これがまた結構な騒音問題なのです。

年をとれば自分も該当するわけですし、事故や病気で突発的に難聴になる可能性もあります。
また、近頃はポータブルオーディオを大音量で聴くため、Appleでは大音量にできないパッチを出すとかいう記事を読みました。
耳には寿命がありますから、職場の機械がうるさい人や、ミュージシャンのように爆音で鳴らしていると、寿命も早まると思います。

---以下、あくまで自己責任でお願いします。---

一つの解決策として、我が家では祖父の横にスピーカーを置き、ヘッドホンで聴かせています。
うちはちょうど部屋の角が近いため、3角コーナーの台を設置して、スピーカーを置いています。

一番手軽なのはイヤホンで聴かせる事ですが、テレビにイヤホンを挿すと、テレビの音が消音してしまい、家族が聴けません。

そこで、TVのAV出力(赤と白)から、祖父の横のスピーカーまで繋ぎます。
壁をはわすとなると結構な距離になりますから、延長コードや、ケーブルを踏んでも良いカバー(名前忘れた)を使うと良いでしょう。

スピーカーはPCで使わずに余っていた物でした。
当然後ろにAV入力があり、ボリュームも付いています。
TREBLE、BASS、光端子とか色々ありますが、そんなものは不要です。
ボリュームとヘッドホン端子があれば十分。
これで耳元で独立したボリュームを調整できます。
これが購入当時の価格で1万円前後ぐらいのスピーカーでしたが、TVを見る分にはもっと安いので十分です。
けれど、あまりに安いのはボリュームを上げると音割れがラジオなみに酷いため、せめて実売4000円前後の聞いたことのあるメーカー製を選択した方が良いでしょう。

今回は有線にしました。無線ですと安い物は音質が悪いですし、ボリュームも小さい為です。それと、電池が充電池式で面倒だったりしますし。

これで済めば良いのですが、六畳程度の部屋では、結局そのスピーカーを大音量にしてしまうため、あまり意味がありませんでした。
TVの音よりも後ろのスピーカーから聞こえる音の方がうるさいぐらいでした。

そこで考えたのが、片耳のヘッドホンです。
祖父は右耳に補聴器をつけているため、両耳のヘッドホンですと会話ができませんから。
試しに、これまた余っていたヘッドホンの片耳をぶった切って渡したところ、大成功。
やっと静かな日々が戻り、しばらくはそれを使わせていました。

けれど、いい加減に新しいの買おうか?となりました。
ボクはイヤホンを入れると耳が痒くなるためヘッドホンにしたのですが、祖父は補聴器を長時間つけていても嫌ではないらしく、それならイヤホンで良いじゃねぇか、となりまして、300円程度のをホームセンターで買ってきました。もっと安いのもあったのですが。
でもこれは失敗でした。音が小さくて聴けないのです。
普通の人なら問題ない程度の音質とボリュームでしたが、今までのヘッドホンと比較すると確実に小さいのです。
ですが、iPodに付属していたイヤホンですと、もっと大音量になりました。
どうやら、よくパッケージの裏に書いてあるスペックが影響しているようですが、見方がよくわかりません。

今度は電気屋でちゃんとしたイヤホンを探したのですが、どれもステレオばかりで、モノラルの物は安いのばかりでした。
まぁ、片方をニッパーで切断するのも一つの手ですが・・・。
そこで、今度はヘッドホンコーナーで片耳タイプを探したところ、DJが使うようなゴツいタイプしか見あたりません。しかも高い。
2000円前後ぐらいで片耳のは需要がネェのか?と考えて思い出しました。
そうだ、PC用のがあるじゃん!、と。

PCパーツ売り場に移動。ありました。値段も手頃です。
ただどれもマイクが付いていましたが・・・妥協しました。

とにかく大音量の物を選ぼうと思い、裏のスペックを見比べましたが、
製品によって書いてある事が違ったり、書いてなかったりと大変でした。

悩んだ末、これを選びました。
Arvel HST501-MT




結果は成功で一安心。祖父や家族にも感謝され満足です。

スピーカーの一例 ONKYO GX-R3X



ONKYO紹介サイト
http://www.jp.onkyo.com/wavio/gxr3x/index.htm
年寄りには贅沢過ぎな感もありますから、これを買って自分のPC用と交換するのもアリかと(w。

あとは、長いオーディオケーブルが必要です。
ケーブルの一例 オーディオケーブル(5m) RCAピンプラグ(赤白)のオーディオケーブル。

上の2つは楽天のジョーシンで揃えたのですが、ケーブルだけ品物が見つかりませんでした。
けれど取り扱っていると思いますので、問い合わせれば一緒に送ってくれると思います。
無ければ大抵の家電量販店で取り扱っていますし。5mでも1000円しないぐらいです。
延長コードでも良いのですが、延長部分が盛り上がってしまいますから。


以上、年寄りの大音量対策として紹介してきましたが、ボクは難聴の専門家ではありませんから、耳に対して詳しいわけではありません。
いかなる損害が発生しても保証はできません。
元々聞こえが悪い耳だとしても、そこに大音量を流すことによって生じる鼓膜への影響ですとか、確かにあるのかもしれません。
けれど、TVは大事な痴呆予防の1つであると思いますし、家族とのコミュニケーションツールでもあります。
自分たちがうるさいからと音量を抑えてしまっては、年寄りは映像しか見られず孤立してしまいます。
それならば、元々補聴器が無ければ聞こえない左耳なら壊しても良いだろうと判断しました。歳が歳ですし。

今回は片耳ヘッドホンを紹介しましたが、他にも考えた方法はあります。

例えば某社の携帯で有名になった骨伝導スピーカーを採用したヘッドホンです。
これなら鼓膜は関係ありませんから、効果は期待できます。
けれど、普通のスピーカーと比較すると相当割高です。
ましてや補聴器の専門店で尋ねたところ、10万ぐらいすると言われました。
ネットを探索するともっと安価な物も見つかりましたが、両耳用でしたし、本人がテストできないため、ある意味博打だと判断しました。

もう一つは集音部が大型の補聴器です。
補聴器と聞くと耳に収まる物を想像しますが、これはウォークマンのようなもので、胸のポケットに入れて用います。
別の知り合いの方で、両耳に補聴器を入れてもよく聞こえず困っている人がいたのですが、
それに変更してから聞けるようになったと喜んでいました。

単純に考えても、集音部が大きいのですから音は広い易いでしょうし、機械を小型化せずにすむことからコストも削減できます。
通常の補聴器は10万以上するようですが、こちらはカタログ価格でも4万円程度と安価でした。

ただ、デメリットとして音を広い過ぎてしまうため、目的の音がどれだか判らないという話も聞きました。
駅や病院のような人が集まる所ですと苦労するようです。

補聴器の選択という物は、その人の聞き取りにくい音域とかを考慮して選択する物ですから、一概に何でも良いというわけではありません。
耳鼻科でちゃんと調べなくてはいけません。

しかしながら、医者の裏事情として、高い物を勧めたがる傾向は否定できないとは思います(w。

2006年04月23日 21時18分58秒 in 福祉
トラックバック (0) コメント (2)

2006年04月23日 05時50分52秒 更新

PIERROT解散

PIERROTが4/12で解散していたことを今頃知りました。
「ニューシングルまだかな~・・・」と久しぶりにオフィシャルHPに行き知りました。
記事を読んだ直後は放心状態でした。

PIERROTは自分にとって特別なバンドでした。
大学の頃、当時メジャーデビュー直前ぐらいに友人に勧められ気に入り、CDを買いあさりました。
それからはCDやDVDが出たら必ず買っていましたし、雑誌にインタビューやスコアが掲載されれば、できるだけ買っていました。
アルバムを重ねる毎にサウンドは洗煉され落ち着いてきた印象はありましたが、詞も曲もアレンジも好きでした。

けれど、正直ベストアルバムを出した時点で懸念はしていましたが、本当に解散を迎えてしまいましたか。
ただただ残念です。

バンドでなければ駄目なんです。
正直、ソロになってから興味が薄れてしまったミュージシャンはたくさんいます。
作詞・作曲が誰々の話ではなく、5人揃ってこそ可能性が無限大に広がるのだと思います。
その証拠に、PIERROTは頑なにカラオケの収録をしてきませんでした。
5人揃ってこそPIERROTだからです。

今GLAYも活動を休止していて、レコード会社を移籍した所までは知っています。
おそらく今後は10万人規模のライブは期待できないと思いますが、せめて早期の活動再開を願っています。

2006年04月23日 05時50分52秒 in 戯れ言
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月22日 22時06分29秒 更新

P-180 購入経緯

今から7~8程前。当時の愛機PC-9821Xv13/w16の拡張に限界を感じ、自作Dos/vの道を歩み始めました。

最初はミドルタワーを選びましたが、拡張性やエアフロー、それとサーバーケースの豪快さに惹かれてフルタワーケースに移行しました。

しかしこれが大失敗。昔の粗悪ケースにありがちなバリは処理されていましたが、薄いスチールでペラペラ。凄く軽い。ドライブやファンの振動で共振する始末。カバーはしっかりしていた為、サイドカバーで剛性を確保していたようなケースでした。それからIDEケーブルがCD-ROMドライブまで届かなかったり・・・。値段も確か1万円しなかったぐらいですから、当時の基準なら、当然といえば当然なのですが・・・。今ならフルタワーはともかく、ミドルタワーでしたら1万円以内で結構マシな物がありますけどね。このケースは決して褒められた物ではありませんでしたが、おかげでケースの善し悪しを学びました。けれど、結局このケースはサブマシンに回し、メインは再び最初のケースに戻りました。

その後は当時オーバークロックにハマっていたこともあって、アルミケースに移行。某スターのミドルタワーケースを2台経験しました。

そして同じく同社のMT-PRO2200というケースに巡り会いました。フルタワーに近いミドルタワーのアルミケースで、とても大きいです。剛性の都合上、外見の割に内部空間は狭かったのですが、かなり「良い仕事」していました。このケースとはP180に変更するまで約3年付き合いました。

その後友人からオウルテックジャイアンのOWL-602で組んだPCを1万だか2万だかで購入し、メインシステムを移行しようか悩みましたが、2200を改良(改悪?)しながら使い続けました。

PCケースの買い換えは何度も物欲を刺激する波が押し寄せてはくるのですが、冷静に比較すると、わざわざ移行する程の魅力は感じませんでした。とはいえ、マザーの入れ換えは何度もしていましたが・・・。

2006年にAthlonXPから念願のAthlon64に移行しましたが、その時はまだケースは流用でした。既にP180は高く評価されており(遅いぐらいですが)、PCケースとしては異例のヒット作となっていました。発表当初から気にはなっていました。PCケースはPCパーツの中で最も長く使い回せる物ですし、それでいてメーカーは次々に新製品を投入しますから、特定のケースが売れるのは珍しい事です。過去にロングセラーと呼ばれるケースはありましたが、ここまで勢いよく売れたケースは初めてではないでしょうか?ましてや電源をボトムに設置するという、ATXの基本レイアウトを無視した構成です。ともすればキワモノケースで終わるところです。ショップ店員が「あまりに売れて驚いた」と言うのも肯けます。

加えて、近年はPCのパーツショップが次々と閉店しました。十年一時代と言いますか。Windows95の頃に一気に増えたPC雑誌も次々と休刊に追い込まれました。PCのスペックも向上し買い換えの必要性は薄れ、メーカー製PCも安価になりました。かといって自作ユーザーが減少しているのかは判りません。'05年は相次ぐ閉店と「通常あまり売れない物が売れた」という、印象深い年でした。

2006年04月22日 22時06分29秒 in 自作PC
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月19日 00時16分01秒 更新

ついに注文しました(><

結局P-180シルバーを注文してしまったわけですが、相当悩みました。
特に以下の3つで悩みました。

Thermaltake/VA8000BWS




3R System/R900BK




ARKでは扱っていないようですが・・・、
SIGMA/RAIDEN
http://www.sigma-apo.co.jp/front/products/detail/CBX01

2006年04月19日 00時16分01秒 in 自作PC
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月10日 19時56分53秒 更新

Antec P180





自作ユーザーの間では有名な大ヒット?ケース。
「熱は上に上る」という固定観念を逆手にとり、熱源である電源をボトムに設置し、ケース内に熱気を充満させない仕組みになっています。
もっとも、電源を下に置くケースは昔もちらほらと見かけましたが、それらはイロモノ扱いでしたね。

このケースのすごいところは静音と冷却の両方に力を入れている点です。

近頃は冷却を重視するあまり、メッシュ状のカバーのモデルを多くみかけますが、埃は吸い込みやすいし、静音には不向きです。
どれだけ高性能なPCであっても、あまりにうるさいとゲームやオーディオの妨げになりますからね。
まぁ、最終手段としては、モニターとマウスとキーボードのケーブルを長いタイプに変更か延長して、別の部屋にPCを置くと良いでしょう(w。

けれど、冷却力が高ければ、それだけファンの回転数を落とせますから、むしろその方が静音化に向いているという説もあります。

実際試してみないとわからないところが、難しさであり、もどかしさであり、自作の楽しいところであり、財布の苦しいところでもあります(w。

まぁ、ともあれ、PCケースの既成概念を打破したケースと言えるでしょう。

先日マイチェンしたようですので、購入前には要チェック。

ここまで書いておいて何ですが、ボクはこのケースをまだ買っていません(ヲィ。
けれど、一番欲しいPCケースではあります。
欲しいな~。でも車検とか税金とかあるしな~。
これで左カバーがクリアーで内部が見えるタイプなら即買いなのですが・・・。

2006年04月10日 19時56分53秒 in 自作PC
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月10日 19時10分31秒 更新

シュアラスター スピリット

デザインはマイチェンしたようですが、かれこれ前の車から6年ぐらい使い続けている名品です。

マイカも対応です。
シャンプーではおちない水アカを強くこすらずにおとせます。
ボディがツルツルのヌルヌルになります(w。
乾いた柔らかい布でよく拭き取りましょう。タオルはX。

軽い傷は汚れの場合が多いので、ヘタにタッチペンやスプレーで補修しようとする前に、この製品を試してみては?
某社のコンパウンド補修3点セットも試しましたが、これ一つの方がよほど効果的でした。
ただし、爪が引っかかるほど深い傷の場合は薄くはなっても完全には消えません。
ボディが滑ったのか、猫の爪でボンネットに傷つけられました(T△T)。
気になる人はさっさとプロに依頼した方が幸せになれます。




2006年04月10日 19時10分31秒 in 車用品
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月10日 02時48分44秒 更新

車検

5年目車検の案内が届きました。
うちには3台あり、どれも2年だから、なんか毎年車検やってる気がします。5月は車の税金もありますし、頭いてぇ・・・。

ブレーキオイルとクーラントは交換したい。
エアクリのフィルタもいいかげん交換したい。
バッテリとプラグは交換済みだから、まだ平気か。
ワイパーブレードやブレーキパッドはどうやろ。

親父の付き合いもあり、いつもは民間車検場に預けているのですが、今回は早く終わるタイプで良いかな、と。
数日預けるようですから。トヨタでも45分車検があるみたいですし。

今回色々引っかかりそうでドキドキです。
まず車高。RS☆RのTi2000は元々低いのに、今ではヘタってきて更に低くなっています。
5mmのホイールスペーサーも一応外しておいた方が良いだろうし・・・。フェンダーオーバーはしていないけれど。
バッテリーに付いてるホットイナズマのパチモンは大丈夫かな。
リモコンスイッチ付きのブルーLEDのデイライトはどうだろう。車検対応と書いてあるけど。

事前に聞いておこう。・・・って、月曜はディーラー休みだ・・・。

2006年04月10日 02時48分44秒 in 戯れ言
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月10日 02時31分09秒 更新

掃除機がぶっ壊れた

掃除機って、家電の中でも完成された部類だと思うのですが、購入して2ヶ月で反応しなくなりました。
稼働スイッチを押しても、ウンともスンとも言いません。
紙パックでなく、サイクロン式の丸洗いできるタイプです。
紙パックですと古くなると対応のパックを探すのが面倒ですから。

説明書に載っている項目はチェック済みです。
週に1,2回程度しか使いませんから、実働回数は数えるほどですよ。
おそらくはホースにあるスイッチ周りの単純な接触不良だと思いますが、下手にばらして保証の対象外では困りますからね。

サポートに電話すると、販売店かサービスセンターに持ち込んでくれとのこと。
めんどくせぇ・・・。
どちらにしろ、30分以上車を走らせないといけない距離。田舎なめんなよ。

日立の生ゴミ処理機がリコールの時は、自宅まで引取にきて、その場で交換してくれたもんだけど・・・。
まぁ、その後も交換で、現在3台目だから根本的に怪しいのですが・・・。

いやね、これって単純に「電化製品が壊れちゃったよ、あはは」の一言で片付けて良い問題じゃないですよ。
重要なのは、「三菱電機製品」と、「外国製(特に中国製)」というキーワードです。

あの三菱だからと言って、三菱電機にまでケチをつけるのは早計ですが、ボクの中では中国製という時点で信用できない、という思いは購入前にも内心ありました。
まさか本当に壊れるとは思いませんでしたが。

今件に限らず、日本の家電の寿命は確実に短命化していると感じています。
今の日本が高性能なのは技術だけです。とても薄っぺらい。
コスト削減のために外国に工場を移転した時点で、破滅へのカウントダウンは止められないものになっていたんですよ。
こじつければ2007年問題だってそうですよ。
今頃になって騒いだって、高給取りをリストラして追い出したくせに。

別件ですが、奮発して購入した7800GTXOC版も今修理中でして、
早一ヶ月以上経過していますが、未だ戻ってきません。
確実に台湾かどこか遠くで修理されているようです。

PC関係で言えば、HDも壊れやすいですね。
3.5インチという規格サイズは変わらないのに、大容量化するのだから無理があるのは当然ですが。
つい先日も日立(IBM)のモデルが購入して3ヶ月程度で故障し、修理しました。
HDはPCパーツの中でも最も壊れやすいパーツとして認識していますから、
保証期間外でしたら諦めますがね。
それにHDは物理的には修理可能でもデータ復旧は保証外ですから、バックアップは欠かせません。

2006年04月10日 02時31分09秒 in 戯れ言
トラックバック (0) コメント (0)

2006年04月07日 06時28分41秒 更新

サマーデイズ

先日買った電撃姫を見ながら「さ~て、今日は『サマーデイズ』の発売日だな~」と思っていたら、6/23に変わっていた・・・。
ヲィ!!!
全然知らなかったよ・・・。

オーバーフローの制作日誌みたら、4/5に収録開始って・・・。
先月号の姫では4/7でした。
もう明らかに間に合わないのは、もっと早くから判明していただろうと。
けど、TGみたら5月予定になっていた。
全然気づかなかった・・・。

まぁ、罪ゲーが死ぬほどあるから良いけどサ・・・。

2006年04月07日 06時28分41秒 in エロゲー
トラックバック (0) コメント (0)

  BLOGTOP  
プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB