いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

2007年05月07日 23時58分55秒 更新

パッドdeマウス

パッドdeマウス」はゲームパッドにマウスの機能を割り当てるフリーソフトです。

以前からキーボードのキーをパッドに割り当てるのはありましたが、
マウスというのは珍しいと思って取り上げました。

キーボードのキーと何が違うのかと言えば、パッドの十時キーで自由自在にカーソルを動かせる点です。
マウスの操作性には及びませんが必要十分。
台が無くても扱えるのが最大のポイント。

以前ハンディトラックボールマウスを使っていたのですが、華奢で壊れてしまいました。
パッドなら1000円買えますし。
ワイヤレスのパッドならもっと良いかな。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~noise4/review/reviewetc/hd.htm

機神飛翔デモンベインするために買ってから全然使ってなかったので、
やっと役立つ時がきました。

2007年05月07日 23時58分55秒 in PCゲー
トラックバック (-) コメント (0)

2007年03月19日 01時06分32秒 更新

NFSCarbon 全画面化

ブラウン管ワイドテレビを購入したのですが、
NFS Carbonをプレイすると左右が表示されません。
PC版はワイドに非対応だからです。
360版のMWは対応していると友人に聞きました。

しかし調べると改造ツールがありました。

NFSC Custom Resolution Launcher v2

使用はくれぐれも自己責任で!!
ボクのは海外版のコレクターズエディションなので使えましたが、
日本語版は駄目かもしれません。

テレビをD3表示にして、1920×1080を入力!
こんな感じ

やはり画面全部に映ると迫力があります。

しかし!
なぜか、これより上下左右の端が少し表示されずに切れてしまいます。
残念。
EAが正式に対応パッチだしてくれりゃいいのに・・・。

値を平均的に減らせば良いかと試しましたが、起動しなくなり諦めました。

PCのゲームをテレビに出力するのはイレギュラーな使い方かもしれないけど、
VISTAの影響でワイドディスプレイの需要が高まっているんだから。

2007年03月19日 01時06分32秒 in PCゲー
トラックバック (-) コメント (0)

2006年11月26日 01時08分54秒 更新

G25 ついに日本上陸!

専用のスレでも外国販売のみで、国内に持ち込むには輸入代行に頼るしかないと
ファンをやきもきさせ続けたロジテック(日本ではロジクール)のステアリングコントローラー
G25がいきなり国内発売されて驚いた。
思わず叫びそうになった。

ここ

気になる価格は4万6980円。
たけぇ orz・・・。

今日は1ドル115.83円。
外国だと299.99ドルだから、34747.841円で買える。
約12,000円上乗せは高いよ・・・。

というか、ボクのようなヘタレはMT車の方が遅いってわかってるんだけど、
運転して楽しいはATよりMTなわけで。

2006年11月26日 01時08分54秒 in PCゲー
トラックバック (-) コメント (0)

2006年09月18日 12時18分38秒 更新

涼宮ハルヒの逆転 攻略

始めました。

詳細はHPで。

2006年09月18日 12時18分38秒 in PCゲー
トラックバック (-) コメント (0)

2006年06月13日 00時58分35秒 更新

NFS-MW

グラボを修理にだしたため、3ヶ月間放置してしまったNFS-MW。
足止めくらっていたNo5もやっとクリアー。
おもわずガッツポーズ。

そんで息抜きがてら、今度はオンライン対戦に挑むことにしました。
世界中から集まるから無茶苦茶速い車ばかりなんだけど、CPU戦とは違うおもしろさがあってハマリ中。
車のデザインも個性があって楽しめるし。
チャットが英語やら何語かわかんなくて参加できないのは残念。
日本専用サーバとかあれば良いのに。

動作はうちのADSLで速度3M程度でも問題なく遊べました。
すごい時代だな~。

おそらく、ゲームを開催する親の回線が太いと、参加するユーザーも快適なのだと思います。
だからボクは親にならない方がいいですね・・・。

それと、オンライン対戦については、マニュアル記述が乏しすぎです。
もっと詳しく書いてほしかった。
この辺は外国製のゲームって感じですね。

2006年06月13日 00時58分35秒 in PCゲー
トラックバック (-) コメント (0)

2006年06月13日 00時48分55秒 更新

パッド購入

機神飛翔デモンベインのアクションパートのためにパッドを買ってきた。
ステアリングで無理矢理やろうとしたのだけど、十時キーが効かないから諦めた。
デウスマキナを操るのにペダルを使えたのは良かったけどね。

で、買ったのはSFCのパクリで話題のエレコムのやつです。
FCのとどっちにしようか迷ったんだけど、SFCのに。
連射機能なんていらないんだけど。

PC用ゲームパッドは家庭用のそれとは比較にならないぐらい壊れやすいので有名なんだけど、
どうせそんなに使わないし、壊れたら買い換えってことで良いかなと。
2~3千円のでも壊れるみたいだし。
PS2のパッド+変換器が良いみたいだけど、PS2のパッドで意外に高いし。
こいつは1280円でした。

すごく軽くて華奢だけど、とりあえず使えるので良し。
まぁ、このゲームはEASYモードなら3回負けると先に進めるみたいだけど。

2006年06月13日 00時48分55秒 in PCゲー
トラックバック (-) コメント (0)

2006年05月28日 04時52分50秒 更新

デモンベイン発売

祝・アニメ化!そして飛翔発売 おめでとうありがとうのデモベですが、飛翔も買ったものの手を付けようか悩んでいます。というのも、GeForce7800GTX OC版を修理に出して早3ヶ月近く経つのですが、まだ返ってきません・・・。どうせカーゲームしかやらないだろうなと思っていたのだけど、英雄伝説6-2が来て、それは問題なく乗り切れたものの、さすがに飛翔は最高のスペックでやりたいのです。現在はRADEON8500搭載です。デモベベンチによると、ギリでランクCでして、一応問題なく遊べそうです。けど、3Dゲームは一見きちんど動いていても、チップによっては「本来あるはずのものが描画されない」場合が多々あります。ですから、できれば7800でやりたいのですが・・・。

それにしても、いくらラインが7900に移ったにしても、まだ来ないのか、と。台湾人の考えることは理解できません。当初3週間と伺ったのですけどね。それっきりで、何かトラブルがあったのかと思いまして、2ヶ月過ぎ頃に質問したら、まだ修理中とのこと。何度も文句つけて顔を覚えられるのも後々気まずいですし。というか、ショップに不満かましても仕方ないのですが・・・。とりあえずASUSの製品は二度と買わねぇぞと。だいたい読み方がわかんねぇんだよ、と。

こういうとき、大手国産メーカーのPCなら対応が早いのでしょうけどね。自作のリスクですね。というか、3ヶ月連絡なしは常識的範疇を超越していると思うのですが・・・。

2006年05月28日 04時52分50秒 in PCゲー
トラックバック (0) コメント (0)

2006年05月03日 19時19分21秒 更新

英雄伝説VI SCレビュー

日本ファルコムの英雄伝説シリーズ最新作。前作(FirstChapter)から1年半。遂に登場しました。

ストーリーはFCの続編ですから、やはり先にFCをプレイすることをお勧めします。ただ、時間のない人にはドラマCDがFCのストーリーを振り返る内容ですから、これならば約1時間で前作の内容を把握できます。前作をプレイしている方にもお勧めです。その代わり当然ネタバレですから注意。

ドラマCDは単品でも発売されていますが、SCとセットの限定版がありますから、そちらがお買い得です。

SCでは一部主要キャラにボイスを付加しています。ゲーム本編では戦闘シーンのかけ声でしか使われていないのは、とても残念です。キャラに声があると思い入れが深まりますから。

ゲームのシステム面やグラフィックはFCを踏襲しています。一部イベントやキャラに2DCGを用いますが基本は3Dゲームです。重くはないです。FCの時はおそらくRADEON9600でプレイしたと思いますが、今回はGeForce7800GTXが修理中の為、RADEON8500でプレイしましたが問題ありませんでした。もちろんCPUやメモリーの性能も影響するでしょうが、わりと古いPCでもプレイできそうです。このゲームのためにPCの買い換えを迫られるケースは少ないでしょう。ただ、何ヶ所かでバグり、ゲームを中断する場面がありました。おそらくはソフト側のバグか、或いはメールソフトの更新チェックやウイルスソフトの自動アップデートが原因かと思いますが、一度終了して再プレイすると症状は発生しないため、特定できませんでした。個人的にはもう少しスペックを上げて3Dに力を入れても良いとの想いもありますが、2Dの雰囲気を残した今のスタイルこそが、「PCから始まる英雄伝説らしさ」なのだという想いもあります。いずれにせよ、次回作では動作スペックは確実に上がるでしょう。

FCから強化された点や幾つかあるようですが、一番大きな要素は「チェインクラフト」でしょうか。これは仲間との連係攻撃です。相乗効果によって普通に攻撃するよりも大きなダメージを与えられます。その代わり、チェインクラフトに協力したキャラの行動分はスキップされます。

カジノや釣りといったお遊び的な要素もSCでは追加されています。けれど、メインストーリーに直接関わってくる事は殆ど無かったと思います。掲示板の依頼には関係するものもありましたが、ごく一部でした。いずれにせよ運頼みのイベントですから、メインストーリーだけプレイしたい人の邪魔になることはありません。あくまでプレイヤーの意向に任せています。釣りの場合は、餌が無くなり、そのために戦闘を繰り返すのは苦痛でしたし。カードゲームは一度だけやりましたが、スロットは一度もやっていませんし・・・。

SCで不満点があるとしたら、魔法(アーツ)の覚え方が相変わらず解りづらかった点です。手帳に載っているのは便利ですが、画面を切り替えなければならず、組み合わせを覚えなければなりません。目的のアーツが一つなら良いのですが、戦局に順応する為にはそうもいきません。例えば画面を2分割して手帳を見ながらアーツを設定できたら便利だろうなと何度も感じました。オーブメントとセプチウムについては、FCをプレイしていないと、頭の良い人でないと理解に苦しむでしょう。それでも適当に組み合わせても結構何とかなりますが・・・。この件はSCでは改善されていると期待いていたのですが、悪い部分まで踏襲していた点は残念です。

戦闘シーンについて。

戦闘は長引きますが、敵は強くはないです。敵の弱点属性やHPの残量も表示されますし、情報系のアーツを装備すれば性質も表示されます。「アンチセプトオール」という一度だけの完全防御魔法をパーティにかけて、相手の弱点を突くというパターンを行えば、ラスボス戦まで通用します(一部例外あり)。戦闘に不慣れな人への配慮なのでしょうが、簡単すぎたかもしれません。この点は賛否両論だと思います。

続いてストーリーですが、SCではFC以上に敵も味方もキャラを重要視している印象をうけました。

「身喰らう蛇」という敵の組織から、執行者と呼ばれる数人のサブボス的なキャラが登場し、余裕かまして去っていく。そしてそのサブボス的な連中は、世界を救う正義のメインキャラと過去に繋がりを持っている。実に少年漫画的な構成でした。RPGというジャンルがそうさせるのだとは理解しているのですが、あまりに狙ったキャラの登場の仕方やイベント展開がおもしろいことは肯定しますが、内心疑問を抱く場面もしばしばありました。

正直、あれだけキャラに焦点を置くのならば、2DCGとイベントを増して、もっと掘り下げるべきだったと不満は残りました。ひっぱった割には意外にあっけない結末や、大した志では無かったり。やや拍子抜けで消化不良でした。

例えば、主要な敵キャラが地球侵略を企む宇宙からの侵略者で、モンスターのような「異形のモノ」であったのならば、その志向や概念が人類には全く理解できないほどに身勝手なものであっても納得はいきます。けれど、敵がどれだけ強くても「人」である場合、それはただの敵ではなく、舞台上での悪役になります。

ガンダムを例にたとえます。一見、アムロ・レイという少年を主人公において、ヒーローロボットであるガンダムを所有する連邦軍が、悪いジオン軍を倒す物語にうつるもしれません。ガンダムを知らない人たちの認識はこの程度だと思われます。

ですが、ジオンにはジオンなりの戦うべき信念があります。ジオン側からすれば自軍が正義なわけです。それは時代や上層部に翻弄された不本意な戦争だったのかもしれない。けれど、愛する者や国を護るため、または己の存在意義の為に、戦い続けなくてはならない現実。軍事的策略、或いは政治的謀略の渦に翻弄され、次々と志半ばで落命していきます。それがガンダムの世界です。

英雄伝説は戦争モノではありませんから、あまりに軍事面を色濃く出されても困ります。一般ゲームですし、ユーザーは広い年齢層や女性も視野にいれたストーリー構成にしているのでしょう。それ故に、ハッピーエンド重視の説得力に欠ける展開は残念でした。

気になった点を紹介してきましたが、トータルで言えば満足しています。とてもおもしろかったです。FCのテーマソング「星の在り処」が流れるシーンは涙を誘いました。

FCは4章が最終章でしたが、SCでは9章まで用意されています。とはいえ、6章の途中からは掲示板の任意イベントは殆ど無くなり、メインストーリーを一直線でした、進行が一気に早まりました。メインストーリーだけをこなすのであれば、プレイ時間はそれほど必要ではないと思います。ボクの場合はできるだけイベントをこなしてきましたから、クリアーまでのトータルタイムは、73時間1分49秒でした。

掲示板といえば、SCでは期限が短いものは殆ど無かったような気がします。FCでは期限に迫られ、どの順番でこなそうかと悩まされた記憶があります。そういう意味でも遊びやすくなっています。

ところで・・・、前回のレビューの最後にも書きましたが、今作の舞台は「リベール帝国」でして、大陸には他に「エレボニア帝国」と「ガルバード帝国」が存在します。SCでは新キャラの登場や新事実の発覚もありましたが、後の2国については解決には至っていません。その他にも謎は残されたままです。これでこの世界観が完結ということはないでしょうから、続きはまた次回作までお預けのようです。

ちなみに、SCの主題歌「銀の意志 金の翼」は発売当時の公式通販特典にフルバージョンが収録されていました。ファルコムはサントラを多数発売していますから、いずれリリースされるかと思いますが、執筆時点(2006.05.03)ではまだ発表されていません。

個人的にクローゼとティータ、男性キャラではアガットと剣帝がお気に入り。

2006年05月03日 19時19分21秒 in PCゲー
トラックバック (0) コメント (0)

2006年05月01日 22時52分16秒 更新

英雄伝説VI SC

最終章にて、ついにレーヴェ戦を迎え、「この一撃で終わりだ!」ってところで、ウイルスバスターのアップデートが起動し、画面が切り替わってしまい・・・強制終了・・・。

アホー!!!

自動アップデートをやめて再チャレンジ。
何とかレーヴェ戦終了。
しかしセーブする間も無く連戦!
しかも画面がバグリまくり!
仕方なく強制終了するはめに・・・。

バッカヤロー!!!

執行部との対決は対象キャラを入れてなかったからイベントおきねぇし・・・。

エステル、ヨシュア、クローゼの3人は優先的に育てて来たから、他のメンバーは極端に弱い。
次いでアガットとティータを優先した。

最終章は上書きしまくったから、やり直すとなると最終章の頭から始めるしかない。
だり~・・・。

2006年05月01日 22時52分16秒 in PCゲー
トラックバック (0) コメント (0)

プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク
駿河屋

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB