いーさいおん! ギター、アニメ、自作PC、政治、車
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2011年05月17日 00時39分56秒 更新

REGZA 42Z2レビュー 4

続いてレースゲームの代表として、NFS HOT PURSUIT PC版をプレイ。

遅延が心配でしたが、ゲームダイレクト3の効果なのか、全く気になりません。
ブラウン管と比べれば実際にはあるのでしょうが、少なくともボクには判別不可能なレベルです。
接続はアンプ経由のHDMIです。

実害は無いので構わないのですが、
「ゲームダイレクト」という設定項目は見当たりません。
映像メニューは「PC」です。
「ゲーム」にすると適用されるのでしょうか?

以上。
とりあえずこんなところでしょうか。
基本PCを繋いでの利用が前提ですから、偏ったレビューになっていると思います。


エコポイント先食い需要の反動なのか、震災の影響なのか、
購入価格も含め、総じて大満足です。

よく言われるマイナスポイントをあげますと、

3Dなし。
4倍速ではない。
LAN HDD非対応。
アナログダビング廃止。
D端子1つ。
S端子廃止。

これらを重視したい人はREGZA Z2は避けるべきでしょう。

購入後も直ぐに新製品が続々登場し、やがてまた次のラインナップへと更新されていきます。
ですが、今回のようにエンジンを載せ替えるケースはそう頻繁には起こりません。
Z2のCEVOは4年半ぶりとのこと。
画質の差については何とも言えませんが、レスポンスの差は明白でした。
液晶テレビとしては、かなり完成度は高いと思います。
もはや、テレビにこれ以上を求めることはありません。

残すは地デジの1920化を願うのみです。

最後にホコリがつきにくいという新機能「ホコリクリア」について。

同じく光沢のONKYOのD-108シリーズと比較した場合、確かに少ないです。
ですが、あくまで「付着を抑える」機能ですから、過度の期待はしない方が良いでしょう。
無論、無いよりは有る方が良いですが。

2011年05月17日 00時39分56秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年05月17日 00時35分48秒 更新

REGZA 42Z2レビュー 3

肝心の画質について。

地デジを視聴した結果は店頭での印象と同様です。
先述したとおり、ガッカリしました。こんなものかと。

ただ、若干の調整で輪郭のノイズが改善されました。

クイックメニュー→映像設定→お好み調整→詳細調整

レゾリューションプラス 補整レベル オフ
ノイズリダクション MPEGNR 強

自室ではほとんど録画してエンコードしたものしか見ませんので、この点は妥協しました。
地デジメインの人には、他に明確な代わりは無いのですが、あまり胸を張ってオススメはできませんね。

続いて、PCを接続した場合。
これはもう満足の一言です。
1920x1080でもデスクトップの小さな文字もボケることなく判別できますし、
dot by dotで画面端までキッチリ表示できます。
ブラウン管では不可能な芸当です。
試していませんが、これならエロゲーも問題ないでしょう。

ただし、リモコンに一発で省電力にして若干明度を落とすボタンが用意されていないのはマイナス。
当然PCのディスプレイとしても使用できますが、やはり大画面は文章表示作業には扱いにくく、
眼精疲労にも繋がります。

エンコードはTMPGEnc VMW5を用い、CUDAはフィルタに利用。
30分アニメを編集して、約1時間かけてエンコードしています。
これを視聴するのがテレビを買い換えた目的のメインです。

36インチのHDブラウン管からの買い換えですが、とくに目立った違和感はありません。
単純に画面サイズが拡大した分、荒れるかと思いましたが、十分綺麗です。
若干破綻する場合も間間ありますが、これはCUDAに原因があるのかもしれません。
ただ、容量とのトレードですから許容範囲ですし、至近距離で注意深く見なければ気にならないレベルです。
地デジアニメをエンコードしてフルハイビジョンでの視聴は合格です。

続いて、DVDの視聴。ブルーレイは所持していないため試せませんが、
店頭でデモを見る限りでは満足のいくものでした。

さて、試したのはA7X・BFMV・COBの3本のライブDVDです。
やはりソースの解像度不足に起因するブロックノイズが目立ちます。
地デジ以下ですから仕方ありません。幾ら補整しても限度があります。
この点は大画面の弱点です。
しかしながら、画面のサイズアップと、後述するホームシアターの見直しで、迫力は段違いになりました。
無論、ブルーレイでリリースされるのが一番なことにかわりはありませんが、
画質の悪さを差し引いても満足です。

2011年05月17日 00時35分48秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年05月17日 00時32分39秒 更新

REGZA 42Z2レビュー 2

紆余曲折ありましたが、ようやく「テレビ」を買いました
(PC用ディスプレイは何台も買っていますが)。


化粧箱のサイズは 139.5 x 70 x 10.5

非常に薄く長く軽い箱でした。

設置は一人で行いましたが、二人の方が安全です。
36インチブラウン管より全然楽でしたw

先ず、壁寄せスタンドのTIMEZ KF-700(ハヤミ製 MADE IN TAIWAN)を組み立てます。
こちらは結構重かったです。
特に底板が予想以上にしっかりしています。

部品は殆どできあがっているので、部品点数の少ないプラモみたいな物です。
ただ、重いです。
ネジもたくさん付属していますが、白いケースのはテレビ取り付け用のネジですので、一種類しか使いません。

迷った箇所を残しておきます。

1 支柱カバーの取り付けについて

カバーの欠けた部分からコードを逃がすためのものです。
向きを選べます。
説明書の一番最初に行う作業ですが、
完成後にやり直すには説明書を逆順するようです。
よく考えましょう。

ボクは切りカキが下にくるように設置しました。
BASE-V20HDのアンプを下段のセンターに設置して、ケーブルを逃がそうとしたのですが、奥行きが不足。
仕方なく左側に寄せ、ケーブルも切りカキではなく支柱の脇から出しました。
このままでは穴が丸見えなため、7.1ch用の鎌ベイアンプを置いて塞ぎました。

2 テレビ取り付けフレーム他

テレビ取り付けフレームは2段階調節可能。
ボクは低い方にしました。
棚板は3段階調節可能。
こちらはセンタースピーカーを載せるので、一番高い位置にしました。
なお、棚板の裏も切り欠けがありますが、
ケーブルを真下に垂らすと目立つので、脇から裏に回しました。

3 テレビ取付金具の取り付け

箱からテレビを取り出し、早々に寝かせて、金具を取り付けます。

※テレビフレームの保護シートは設置完了後に剥がします。

金具は丸穴と長穴の2箇所を固定するため、42Z2の場合は2段階しか調節できません。
テレビのネジ穴に対して、金具の長さに余裕が無いためです。
ドライアイ対策として低くセッティングしたいので、金具の上から2番目の穴で合わせました。
ボルトは4個付属のM8x15です。
長細い各ワッシャーを1枚挟みます。

Z2は背面が真っ平らですから付属のスポンジワッシャーは不要です。
ただ、この作業はテレビの裏に直に金具が当たります。
気になる方は、付属の物か、柔らかいワッシャー等を用意しましょう。
その分前方に飛び出ます。

4 テレビの設置/角度調節

テレビをラックにひっかけてボルトで固定します。

テレビを支柱に対して中央に設置する位置決めは、
付属の角ワッシャー2枚と樹脂ワッシャーの薄い方2枚が端の隙間に挟むと丁度良くなります。

説明書には角度調節とありますが、重心が後ろに偏っている構造上、若干後ろに反り気味です。
これでは、いくらボルトを締めても垂直にはなりません。
底板裏のアジャスターで調整するか、薄い板状の物を挟むか、・・・ですが、
僅かですから妥協しました。

よって、あまり締める必要はありませんから、
間に角ワッシャーと樹脂ワッシャーの厚いのと薄いのを両方一枚ずつ挟みました。

KF-700を利用した場合、普通のソファーで丁度良いぐらい。
ローソファーでは若干見上げる高さですから、視聴距離をよりとった方が目に優しいでしょう。

2011年05月17日 00時32分39秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年05月17日 00時29分16秒 更新

REGZA 42Z2レビュー 1

購入から一ヶ月経過しました。

思い返せば4年前。
既に薄型全盛であったテレビ業界。
しかしながら、薄さと画質はトレードでした。
加えてブラウン管では考えられない遅延もありました。
画質を捨て、安易に薄型に移行する大衆への警鐘の意味も込めて、
ボクはHDブラウン管を中古で購入し、薄型が熟成するのを待つことにしました。

ですが、有機EL・FED・SED・レーザー。それから紙の薄さの媒体まで、
次世代テレビは次々に登場こそしましたが、一般的な実用化には至っていません。
期待していた有機ELは大型化できないのが現状です。

無論、HDブラウン管にも弱点はありました。
重量や奥行き。大型化が困難な点。HDMIが無いなど規格が古い点。
そして最大の弱点は画面の歪みと端まで色を表示するのが苦手な点でした。

結果として、4年間抗い探し続けましたが、今でも心底納得のいくテレビは存在しません。
量販店でテレビを見る度に落胆しました。
未だにテロップこそシャープに映るものの、
ダンスやスポーツなど動きの速いシーンでは映像が破綻する有様です。
上位機種でも大して変わらないため諦めました。
地デジの視聴に限定すれば、HDブラウン管+外部チューナーの方がよほど綺麗でした。
これはREGZA 42Z2でも程度の違いはありますが、同様の意見です。

前置きが長くなったので次回に続きます(--;

2011年05月17日 00時29分16秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年04月17日 02時40分34秒 更新

42Z2買いました

42Z2を某所で注文しました。
なんだかんだ言っても、届くのが楽しみですw

ラックは予定通りオガモクのコーナー用のロータイプのブラウンを買うつもりでした・・・が、
昨日見たらブラウンだけが売り切れでガックリ。
でも今見たら売ってますね・・・。

で、セット売りで安いハヤミのKF-700にしました。
憧れの壁掛け・・・は難しいので、壁寄せスタンドです。
42Z2はまだ対応確認中。テレビとのセット割引なので大丈夫だと思いますが、ちと心配です。
あと、賛否両論の脚は付けずにセッティングすることになりそうです。
これだけでもかなり耐震性は増すと思います。


今日行ったケーズに実物があって、棚に37インチの液晶を載せていました。
純正のは高いのに、この棚が無いんですよ。
ここにセンタースピーカーを置くつもりです。

なかばやけくそ気味な勢いでD-108シリーズを揃えました。
D-108Eをフロント。D-108Cをセンター。D-108Mを2つ買い増して、サラウンドとサラウンドバック用。

アンプと繋ぐのにHDMIケーブルも購入。


PCの自作を先延ばしにする代わりに、SSDを導入することにして、洗車して買いに行きました。
ブリスのコンディショナーで洗い、半年ぶりにブリスxでコーティング。
泥だらけのまま車庫に放置していた愛車が、ピカピカ濡れ艶。
COBのニューアルバムを用意して出発。
強風で着く頃には花粉コーティングでザラザラにorz。

某PCショップに入ると、店に似つかわしくないバカップル登場。
明らかに浮いている二人に周囲の心の声が聞こえた気がした。
(チッ!)(いちゃいちゃするならホテル行けよリア充が!)
(○ッチが)(○ねばいいのに)

それはともかく、インテルの新SSD 320の80GBを購入。
X-25Mの80GBより安かった。
でも、CFDの64GがRealSSD C-300だと帰宅して知り、そっちでも良かったかもと、ちと後悔。

ケーズに立ち寄ると、42Z2と42ZG1が隣同士だったので、ガン見してきました。
先日行った店では離れていたので気づきませんでしたが、
ZG1はZ2より僅かですが、表示がワンテンポ遅れますね。
昔の液晶ほど極端ではなく、2台とも視野に入れていないと気づかないレベルです。
それと、ZG1はニュース番組の大きな文字のテロップを表示する際に、
荒いのを綺麗にしようと補整する動作が、やはり1テンポ遅れている印象でした。
こちらはハッキリわかりました。ですが、離れて視聴すれば気づかないかもしれません。
この辺りは4倍速パネルより、エンジンの差でしょうか。

2011年04月17日 02時40分34秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年04月15日 23時08分44秒 更新

CEVO

42Z2と42ZG1を見比べてきました!

地デジの綺麗さは諦めました。どっちもどっちです。
ニュースのテロップの周囲は相変わらず破綻。
歩くシーンは一見スムーズに見えるけれど、何か違和感有り。
スポーツやアニメはありませんでした。
やはり、地デジだけなら、日立の低解像度プラズマの方が綺麗に見えました。

今回の目的は4年半ぶりの新エンジンのCEVO(シーボ)の性能を試すことでした。

公表通り、かなり機敏でサクサク動きます。
Z2を弄ったあとにZG1には戻れません。
特にデータ放送の呼び出しも早いのは驚きでした。
DT400のも、ZG1のも、ボタンを押してから待たされて立ち上がりますが、
Z2の場合はチャンネルを切り替えた直後でも1~3秒でした。

電源投入時も、1~2秒で画面が映るのに対し、
ZG1は電源ボタンを押してランプの色が変わったのに画面は真っ暗で、10秒近くかかる印象でした。
まるでブラウン管が消磁をしているような気分でした。
37HE1では6~7秒の印象だったので、ZG1はこの点は劣っていますね。

Z2のデザインも、実物の方が公式の写真より格好いいです。
脚も違和感ないです。
フレームが光沢なのは残念ですが、ZG1もヘアラインプレートが貼ってあるとはいえ、
光沢が全て隠れているわけではないので、デザイン面でもZ2が好みでした。

Z2は4倍速ではありませんが、ゲームダイレクト3効果でZG1の0.9フレームを凌ぐ、0.7フレームです。
その差が実感できるかどうかは別ですが・・・。

欲しい機能が多い反面、不要な機能も盛りだくさんで、40A2でも良いような気がしますが、
この際なので42Z2を買うことにします。

最近の家電は壊れやすいので、5年保証は入っときます。

2011年04月15日 23時08分44秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年04月11日 23時02分24秒 更新

42Z2が安すぎる

もう42ZG1に決めたのに、夏までは下がらず高止まりだろうと予想していた42Z2が、
発売2週間ちょいで早くも16万円ですよ。

20万なら諦めるけど、15万円なら悩みどころ。
1年待っても、それより下がるのはせいぜい5~6万円前後。ショックは小さい。
どうする?どうする?どうする?

なお、42ZG1も10万円台。
42Z1がまだ売られている現状で、これ以上値下がりするとは思えない。
42Z2との価格差は小さい。


新高画質エンジン搭載で画質も使いやすさもさらに向上
2D画質極まる!? 東芝「REGZA Z2」の実力に迫る



公式サイトの仕様比較のコピペ


形名 42Z2 42ZG1


画面サイズ 42V型 42V型
画面寸法 幅×高さ/対角 93.0×52.3cm/106.7cm 93.0×52.3cm/106.7cm
質量(卓上スタンド含む) 16.0kg 20.5kg
梱包箱寸法 幅×高さ×奥行 140.0×71.0×10.3cm 112.0x73.6x20.7cm
梱包時質量 19.5kg 24.5kg
消費電力
定格動作時(リモコン待機時) 160W(0.12W) 187W(0.14W)
年間消費電力量 113kWh/年 158kWh/年
チューナー
地上デジタル*1 3 3
BS・110度CSデジタル*2 2 2
地上アナログ - 1
デジタルCATV(C13~C63)*3 対応 対応
アナログCATV(C13~C63) 非対応 対応
液晶パネル
液晶パネル方式(ハイビジョン対応) 新開発・IPS 倍速LEDパネル[フルHDクリアパネル] IPS方式 フルHDクリアパネル[4倍速LEDパネル]
画素数(水平×垂直) 1920×1080 1920×1080
ダイナミックコントラスト*4 200万:1 200万:1
コントラスト 1600:1 1300:1
高画質
映像処理エンジン レグザエンジン CEVO レグザエンジン Duo
超解像技術 レゾリューションプラス6 3D超解像技術 レゾリューションプラス5
3D高画質対応 非対応 対応
高画質2D3D変換 非対応 対応
3Dクロストーク低減技術 非対応 対応
LEDバックライトコントロールシステム2 非対応 非対応
アクティブスキャン240/ハイスピードクリア4倍速/倍速・モーションクリア アクティブスキャン240 ハイスピードクリア4倍速
フルHDクリアパネル クリアLEDパネル 対応
おまかせドンピシャ高画質 おまかせドンピシャ高画質3 おまかせドンピシャ高画質3D
パワー質感リアライザー 対応 対応
フィルムモード 対応 対応
階調クリエーション 対応 対応
シャープネス・オプティマイザー 対応 対応
パス幅14ビット精度高画質化処理 対応 対応
魔方陣アルゴリズム・プロ 対応 対応
MPEGノイズリダクション 対応 対応
“x.v.Color”対応 非対応 非対応
Deep Color対応 対応 対応
録画/再生
ハードディスク録画(USB/内蔵/LAN) USB USB/LAN*8
簡単ハイビジョン録画 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
地デジ見ながらW録 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USBハードディスク接続時)
マジックチャプター 対応(Wマジックチャプター) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
「スカパー! HD」録画番組LAN再生対応 対応 対応
オートスタートメニュー(動画・音楽・写真再生) 対応(オートメディアプレーヤー) 対応
簡単連ドラ予約 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
ちょっとタイム 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
今すぐニュース 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USBハードディスク接続時)
レグザリンク・ダビング 対応(USBハードディスク接続時) 対応
アナログダビング 非対応 対応
録画リスト 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
Eメール録画予約 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
ワンセグ録画 非対応 非対応
早見早聞 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USBハードディスク接続時)
追っかけ再生 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
レジューム再生 対応(USBハードディスク接続時) 対応(USB/LANハードディスク接続時)
エンターテインメント/ネットワーク
レグザAppsコネクト 対応 対応(一部のアプリに対応)
DLNA(R)対応 対応 対応
レグザリンク 対応 対応
ゲームダイレクト 対応(ゲームダイレクト3) 対応(ゲームダイレクト2)
YouTube再生機能 対応 非対応
テレビ版Yahoo! JAPAN対応 対応 対応
ひかりTV対応 対応 対応
アクトビラ ビデオ・フル対応 対応 対応
TSUTAYA TV対応 対応 対応
T’s TV対応 対応 対応
レグザ番組表・ファイン 高速レグザ番組表 レグザ番組表・ファイン2
REGZA Phone連携 対応 対応
Windows(R)7対応 対応 対応
インターネット対応 対応 対応
ダブルウインドウ ダブルウインドウ2 ダブルウインドウ2
ネット・ダブルウインドウ 対応 対応
PCコネクト(HDMI接続) 対応 対応
高音質
ハイクオリティユニット 非対応 対応
新型キャビネット 非対応 対応
音響パワーイコライジング(CONEQ) 対応 対応
ドルビーボリューム 非対応 対応
Audyssey EQ(オウディッシー) 非対応 非対応
YAMAHA音声連携 対応 対応
おまかせドンピシャ高音質 対応 対応
音声実用最大出力(JEITA) 20W(10W+10W)、サブウーファー10W 20W(10W+10W)
スピーカー(サイズ/個数) 2.0×6.5cm/4個、6cm丸型/1個 3.5×16cm/2個
端子
HDMI入力端子[1080p(60p/24p)入力対応] 4(オーディオリターンチャンネル*9、コンテントタイプ連動 対応) 4(オーディオリターンチャンネル*9、コンテントタイプ連動 対応)
D5映像入力端子 1 2
ビデオ入力端子 側面(S2映像入力/映像入力/音声入力)
背面(S2映像入力/映像入力/音声入力)
S2:0/映像:2/音声:2[L・R]
非対応 S2:0/映像:1/音声:1[L・R]
S2:1/映像:3/音声:3[L・R]
HDMIアナログ音声入力端子 1 1[L・R]
アナログダビング(録画)出力・音声出力兼用端子*5 非対応 1
アナログ音声出力端子 1(固定/可変) 非対応
光デジタル音声出力端子 1 1
SDメモリーカードスロット 1(SDXC対応) 1(SDHC対応)
LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX] 1(汎用(ブロードバンド放送対応)) 1(汎用/ハードディスク専用/ブロードバンド放送用)
USB端子 2(録画専用1/汎用1)※ハブ対応 2(録画専用1/汎用1)
電話回線(LINE)端子 非対応 非対応
ヘッドホーン端子 1 1
快適設計
リモコン レグザリモコンⅡ レグザリモコンⅡ
スイベル機能(左右各15度) 対応 対応
ファンレス静音設計 対応 対応
色温度センサー/明るさセンサー 色温度センサー 色温度センサー
オンタイマー*6 対応 対応
オフタイマー 対応 対応
付属品*7 単四形乾電池(2個)、B-CASカード(IDラベル付き)、転倒防止用クリップ、ビデオ入力用変換ケーブル(2個) 単四形乾電池(2個)、B-CASカード(IDラベル付き)、転倒防止用クリップ
形名 42Z2 42ZG1

2011年04月11日 23時02分24秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年04月06日 00時06分32秒 更新

HDブラウン管手放しました

日曜日に、中古で買って4年弱愛用したHDブラウン管を手放しました。

週に何度か、夜にエンコードしたアニメをまとめて見る程度の使用頻度で、
まだまだ使えたのですが、部屋を広くしたいために手放しました。

別室で使えれば良いのですが、どこも畳敷きなので堪えられません。

一部の需要のために、できることならオークションに出品したいぐらいでしたが、
何しろ重量が100kg近くあり、梱包も大変ですし、
ブラウン管は正面に重量が偏っているため、運送屋に傷物にされて面倒になるのは嫌なので諦めました。

予定では某リサイクルショップに引き取って貰うつもりだったため、
電話で問い合わせたところ、「持ってきていただけるのでしたら」と言われ、
丁寧に梱包して、二人がかりで車に積んで固定したのですが、
店に着くと電話とは別の店員に「ブラウン管はお引き取りできません」と一蹴。

まぁそうだろうな、とも思っていたので、食い下がらずさっさと店を後にしました。
一応別のリサイクルショップも回りましたが同様でした。

・・・で、結局ケーズ電気のリサイクルで、
再商品化等料金 2700円
収集・運搬料金  1000円
消費税        185円
合計 3885円。

しょうがないですね。山に不法投棄では良心の呵責ですし。
この分安く買えば良いだけです。

リサイクル料は、新しくテレビを購入して運搬してもらう場合は、
古いテレビも引き取ってもらえるよう話を通しておけば持参しなくてもすみます。
テレビの値引きができなくても、こちらは値引きできるかもしれません。
ちゃんとリサイクルしてるのか怪しいもんです。

・・・というわけでして、今自室にテレビがありません・・・。
PCのディスプレイは5台ありますがw あとネットブックも。

それで、ついにテレビを決めました。
REGZA 42ZG1 買います! (波がどっぱーん!!)

大画面の映像の綺麗さを優先するならプラズマ。
プラズマならVIERA。
しかしながら、プラズマは焼き付きにくく改良されたとは言っても、完全ではありません。
店頭で焼き付いたのを安売りしていたのを見て断念しました。
通常の流れる映像を見る分には大丈夫なのでしょうが、何分静止画の多いエロゲもプレイしたいので。

液晶ならREGZAに決めていました。
ゲームやアニメのための機能が用意されているのが高評価です。

候補は、40A1、40A2、42RE1、42Z1、42ZS1、42ZG1。

どれも店頭で地デジを視聴する分にはブラウン管より劣って見えました。
デザインの好みを除けば、無駄を省いた40A1でも充分なぐらいでした。
しかしながら、Zシリーズへの憧憬が心に引っかかり続けました。
若干42Z1の方が大きいというのもありました。
それに、D-108Eの購入も考慮し保持ポイントを計算すると、
40A1と42Z1では2万円程度しか差がないことに気づきました。

そうしてZ1に決めると、今度は上位の42ZG1が視野に入ってくるわけですが、
「3Dなんていらない」。「でも4倍速は欲しい」。「でも高いから無理だな」と諦めました。

ところが、値段もエコポイント後も価格は落ち着いていたと思いきや、
今週に入ってから42ZG1が下落し、いつの間にやら射程圏内に入っていました。
さすがにCELL REGZAは別格と認めていますから、
一応東芝の最上位機種(今となってはZ2に抜かれている面もありますが)。
どれを買っても満足はしないし、次々に進化して新しくなる業界。
ZG1を買っておけば後悔はない。
当時の(一応)最先端だったんだ、と自分や周囲に言い訳ができます。
もともと、ZG1は登場した時から目をつけていましたし、ベゼルの光沢が控えめなのもポイントです。
それでも迷う背中を押したのは、こちらのレビューでした。

この流れと時期的にも、おそらくZG2が近日発表されるのでしょう。
どのみち手が出ませんから。

さて・・・、あとはどのタイミングでポチるのか。
東電の株価の乱高下で儲けを出している投資家には及びませんが、あちこちチェックしています。
終末特価としながらも、安売りリストに載っていない商品が狙い目だったり、週明けが安いこともありますからね。
Z1より安くなることはないと思いますので、ポイント分を入れてでも11万円を切るあたりが買い時でしょうか。

2011年04月06日 00時06分32秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年04月03日 22時00分05秒 更新

Joshin 40A1

ジョーシンはずっとREGZA 40A1が引っかからなかったのですが、今日はでますね。

会員様web特価 55,800 円 (税込) さらに 558円分ポイント進呈
送料無料 残り5台

6万円台なら買いだな、と思っていたのに。
誘惑に負けそうなんで、早く誰か買って下さいw

なお、気になるあの娘(40A2)は

会員様web特価 119,800 円 (税込) さらに割引 -30,000 円 (税込)
さらに 898円分ポイント進呈
※これはシルバーステージの値段です。

2011年04月03日 22時00分05秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

2011年04月03日 15時01分40秒 更新

BS2廃止

BS2がBS1に廃止統合され、BS1がハイビジョン化。
BS-hiがBS-Premiumに変更されました。

元々BS1とBS2は同じチャンネル扱いで、再生側で分離する構成で、分離が手間でした。
画質もガッカリだったので改変は嬉しい。
BS-Premiumの方は名前が変わっただけかな。
にしても、みんな「Premium」って単語好きだね。

この改変に対応できていないテレビがあると、チラホラと情報があがっています。
我が家のマスプロのDT400は、何事もなく勝手に修正されていました。
BS2のチャンネルに変えると砂嵐になります。

一時、地デジ化促進のために5000円以下のチューナー出せよ、と話題になりました。
企業側はそんなの無理だ、と反論したものですが、今は普通に5000円以下で売られています。
しかしながら、筐体もリモコンも見るからに安っぽい作り。
接続はコンポジットのみの最低画質。
売り場で見ましたが、アナログかと思いましたよ。
おまけに放送がワイド化されたため、4:3のブラウン管は無視状態。

エコポイントの導入もあって、テレビの買い換えが爆発的に進みました。
結果を見れば、企業努力で漕ぎ着けた5000円以下のチューナーは、
品質を落としてブラウン管離れを促進させるための当て馬だったわけです。
これだけ見ても、国が1つの方向性に進んでいないことがわかります。

あえてボクは食い下がりますが、ブラウン管+外部チューナーの地デジ映像は、
決して今のテレビに劣ってはいません。
D端子で繋いで(D1でも良い)、画質をシャープよりに調整すれば充分綺麗に映ります。
ぶっちゃけ、年寄りは画質の違いなんてわかならないので、これでオッケーだったんですよ。
データ放送や番組表のような細かい文字はインターレスでちらつきますし、1920画質の表現は苦手ですが。
年寄りはそんなの利用しません。リモコンのボタンが多すぎると嘆いています。

今のテレビはやたら多機能で、不要な機能が強制的に付いてきます。
しかし、シンプルモデルは価格が安く、扱いが低いため画質もデザインもイマイチにして、
メーカーは差別化をはかっています。
ですが、東芝は廉価のAシリーズでも他社の同価格帯より高画質&高性能ですし、
外部チューナーまで発売しています。希少なメーカーです。
(最近は原発関連で叩かれていますが・・・)

そもそも、こうした行き過ぎた差別化が、全体の質の低下に繋がっているように思えます。
何でもそうですが、昔は下位製品でも、今より良い部品を使っていた分、値段も上でした。

もういい加減テレビは行き渡ったでしょうから、先食い需要した埋め合わせをどうするのか、
販売店は頭が痛いところでしょう。エコポイントも無くなりましたし。
今は震災の影響で供給不足が続いていますから、価格も安定しているようですが。

それから地デジ難民をどうするかですね。
結構ビルの影で受信できないお宅も多いとのこと。
仕事仲間の人の家も映らないと聞きました。
「息子にテレビを買って貰ったの見られない」そうです。
山に囲まれている地形ですからね。標高は高いのですが。
我が家のように共同アンテナではなく、アナログも個人で受信していたようです。
こういうときに自治体の違いが浮き彫りになりますね。
今から各家をケーブルで結んで共同アンテナにする工事は大事ですよ。
光回線で受信する方法もありますが、そのうちは対応外です。
ちなみに我が家も対応外です。
それで、結局そのお宅はどうしているのかと言うと、アナログで見ているそうです。
最新のテレビはアナログチューナーも削ったタイプがありますからね。
ついていて良かったと。

震災の影響も考慮して、7月24日の停波は延期して、
スカイツリーが稼働するまでは現状維持すべきだと思います。

2011年04月03日 15時01分40秒 in HDTV
トラックバック (-) コメント (0)

プロフィール

ゲノム28号

Author:ゲノム28号
E-SION
日々の戯れ言

検索フォーム

注目RSS

RSS表示パーツ
RSS表示パーツ
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

購読

月別アーカイブ

リンク

Shopping

別窓で開きます
Amazon.co.jp
ヨドバシ
LOHACO
コメリ
ケーズ
カインズ
ニトリ
Joshin
楽天
Yahoo!
ヤフオク

ネタ

Webコミック・ラノベ

動画

新作

Information

ギター

自作PC

WebRadio Link

音泉
Lantis
BeatNet
メディファク
とろめらねっと
すまいるFM
ヘルシーメルシー
studio Teaparty
STP出張版
ストーンヘッズ
きゅあラジ
Happy light Cafe

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

メールフォーム

メールフォーム


   
copyright (c) いーさいおん! all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。